« 昔ながらの洋食屋さん 「グリル松」 | トップページ | 懐かしの喫茶店メニュー 「cafe Jack Rabbit slim's」 »

こんな日もありますよね、だって人間だもの 「お食事処 不二屋」

ipadの予約が始まっていましたね。

富山ではヤマダ電機の金泉寺店でのみ予約販売を行っているようです。ソフトバンクのお店では購入できない様子でした。利用料金のお支払いがクレジットカード払いのみという、クレジットカード嫌いな自分には嫌な条件、でもこれは本体料金を一括で払えば口座振込み出来ると緩和されていました。

いまちょっとipadに心惹かれているのですが、まぁ、ituneがお釈迦になって再インストールがどれだけやっても出来ない状態、ipadを買うためにはPCから購入しなおさないといけないという、やたら高いハードルがありますcoldsweats01

でもね、障害があればあるほど欲しくなってくるんですよね、困ったものですcoldsweats01

さて、今回は小杉に店舗を構える「お食事処 不二屋」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H220511_000

検索用ワード カツ丼 黙ってカツ丼 いいからカツ丼

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

1fynycsu

写真は「不二屋」さんの店内の写真です。「不二屋」さんはaiba家が富山でカツ丼が一番美味しいと思っているお店です。

H220511_001

メニューです。カツ丼以外にもたくさんメニューがあります。

H220511_002

海鮮丼や天丼もあります。

H220511_003

海鮮丼の写真を見ると美味しそうにみえるじゃありませんか!

H220511_004

でも、自分が頼んだのはマグロ丼(650円)のミニ蕎麦セット+150円

H220511_005

こちらはカツ丼(650円)とミニうどんセット+150円。マグロ丼とカツ丼にするか迷って、セットをうどんにするか蕎麦にするか迷うことはあっても、海鮮丼にしようとか迷ったことはありませんw

H220511_006

マグロ丼の表面。……この日はちょっと煮詰まってだまになっていますね…

H220511_007

これは以前訪れたときのカツ丼の輝く半熟の素晴らしい表面。回数こそは減ったけれど10年以上「不二屋」さんを利用してきて、煮詰まった感のある卵とじが出てきたのは初めてですね…こんな日もありますよね、人間ですから、弘法にも筆の誤りっといった感じでしょうね。

実は、最初は「不二屋」さんの腕が落ちたのか、と真剣に思ったものですが、自分達が訪ずれた同時期に、ブログde付録さんも「不二屋」さんに訪れておられまして、その時の「不二屋」さんのカツ丼がいつものカツ丼でしたので、自分達の時は、まさに弘法も…といったところなんだな、と思いました。

H220511_008

同じくカツ丼も卵が固まった感じが見受けられます。この日は本当にご主人が不調だったのでしょうか?

H220511_009

でも、味はいつもの「不二屋」さんの味ですね。マグロカツのさくさくな感じ衣に染みこんだ出汁と卵、この絶妙な感じはさすがです。

H220511_010

カツ丼のカツもジューシーで美味しいです。

H220511_011

ご飯にも出汁が染みこんでめっさ美味いです。この出汁がしっかり染みこんだご飯の美味さと言ったらもう、これだけでご飯が何杯も食べられちゃいますよ(^-^;

H220511_012

丼の底まで染み渡る出汁。この出汁が美味しいんです。「不二屋」さんの出汁は、aiba家の大好物ですね。

H220511_013

実はこのお蕎麦も美味しい。出汁が美味いので本当に美味しいです。「不二屋」さんの決め手はやはり出汁なんでしょうね。

お店情報

お食事処 不二屋

H220511_014


住所     射水市三ヶ伊勢領2282-2

大きな地図で見る

TEL     (0766)56-2557

定休日    火曜日

営業時間  AM11:30~PM21:00(Lo PM20:30)

小杉のアルプラザの近くにある本当にうまい丼屋さんです。店の前に駐車スペースがありますが、道路に面しておりその道路が意外と交通量があるので出 にくいです。道を挟んだところにも駐車場がありますのでそちらに停めることをお勧めします。とりあえず、最初はカツ丼食べてみてください。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 昔ながらの洋食屋さん 「グリル松」 | トップページ | 懐かしの喫茶店メニュー 「cafe Jack Rabbit slim's」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/34647732

この記事へのトラックバック一覧です: こんな日もありますよね、だって人間だもの 「お食事処 不二屋」:

« 昔ながらの洋食屋さん 「グリル松」 | トップページ | 懐かしの喫茶店メニュー 「cafe Jack Rabbit slim's」 »