« お勧めは塩ラーメン 「酔麺家 おぼろ」 | トップページ | チョコゼリー復活に期待する熱い思い 「Art&Cafe 胡風居」 »

エビピラフですよね? 「お食事処 ポーク」

食べログの富山の最新フォト情報を眺めていたら

「女の子料理 山本宏」

なる思い切り興味を引く店名が!!なにそれ!?女の子料理?でも名前が山本宏!?めっさ気になる(*゚∀゚)=3ハァハァ

うひょ~っとクリックをしてみると

「竹の子料理 山本家」

でした…目が悪くなったのかな、自分…

さて、今回は富山市東田地方町に店舗を構える「お食事処 ポーク」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H220412_000

検索用ワード ポーク風ライス 豚汁

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

1fynycsu

写真は「ポーク」さんの店内の写真です。カウンター席の他に小上がりの席も有り、縦に長いお店でしたので、入り口から感じる広さよりも広いお店でした。

H220412_001

こちらがメニュー。「ポーク」さんではポーク風ライスが有名で、情報誌でも必ずそれが紹介されています。

H220412_002

単品もあれば定食もあります。昔ながらの食堂というメニューに、店内も昔ながらの食堂というイメージがしました。

H220412_003

カツカレーデラックス(1200円)

H220412_004

デラックスだとミニサラダも付きます。デラックスってカツがでかいのかと思ったらご飯もデラックスサイズなのですね。他のお客さんの注文と比較してみてわかりました。でかいカツと大盛りご飯のデラックスなカツカレーです。

H220412_005

味は昔ながらの日本のカレー。日本のカレーってこうですよねっていう見本のような味でした。このカレーはノスタルジーを呼び起こしますね。美味しいですよ。

H220412_006

ポーク風ライスデラックス(1050円)

H220412_008

メニューを見る限り通常のポーク風ライスの2倍くらいのお値段がするわけですから量が2倍くらいあっても不思議ではないわけで…でかいですよ、全部がwポーク風ライスは薄焼き卵焼きの上にトンカツを最後に乗っけてますね、後のせではないようですね、製作過程で乗っけている感じで仕上げられています。

H220412_007

さくっと揚がったトンカツはジューシーで美味い。また薄焼き卵との相性もいいですね。トンカツにケチャップというのもどうかと思いましたが、以外にあうものですね。

H220412_009

そして、このライス。これはエビピラフ、エビピラフですよね?お米の一粒一粒にスープの味の住み込んだ美味しいピラフ、よく探してもエビはなかったです、でもこれはエビピラフの味ですよ。この味、大好きです、これは美味しいですね。

H220412_010

「ポーク」さんの豚汁

H220412_011

味付けに酒粕が使われているので、お酒が苦手な自分は食べられませんでしたが、とても美味しい豚汁でこれだけ頼んでもいい、と太鼓判を押しておりました。

お店情報

お食事処 ポーク

H220412_012

住所 富山市東田地方町1-4-16

TEL (076)441-7872

定休日 土曜日

営業時間 AM11:30~PM14:00
       PM17:00~PM20:00

駐車場はお店の隣に3台から4台ほど停めるスペースがあります。交通量の多い道路に面しておりますが、歩道がやや広いため頭から駐車しても歩道で切り替えして出れるかと思います。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« お勧めは塩ラーメン 「酔麺家 おぼろ」 | トップページ | チョコゼリー復活に期待する熱い思い 「Art&Cafe 胡風居」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/34195689

この記事へのトラックバック一覧です: エビピラフですよね? 「お食事処 ポーク」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/04/13 09:37) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 09時37分

« お勧めは塩ラーメン 「酔麺家 おぼろ」 | トップページ | チョコゼリー復活に期待する熱い思い 「Art&Cafe 胡風居」 »