« そんなに熱くはないよ 「ふうふう亭」 | トップページ | ぶっとい! 「本場讃岐うどん 好日庵」 »

富山ゆうたらますのすしですちゃ  「高芳』 芳太郎 ~ 56/富山県のますのすし 

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第56回目です。

鱒の寿しの由来は、今から二百数十年ほど昔、藩士吉村新八が初めてこれを作り富山藩主前田利興に献じ、時の将軍吉宗に献上したところ、その風味がとてもよく、激 賞を受けたのが事の始まり、とのことです。ですが、この時献上したのは鮎のなれずしだったとの説のほうが正しいらしいのですが、それならなぜ富山の鮎寿司という発展をしなかったのでしょうか?また、鱒寿司の製法で鮎寿司を作ってみた場合、どのような味になるのでしょうか?いろいろな興味が再び湧いてきました。

さて、今回は富山市本町に店舗を構える「高芳(たかよし)」さんの特選鱒の寿し 芳太郎をご紹介します。

H220408_012


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

Xnakcjws

写真は「高芳」さんの店舗の写真です。桜町電停駅の前に位置しています。

H220408_000

紙の袋にいれてもらいました。やはりどのお店も特選になると包装もランクアップする傾向があるようです。

H220408_001

こちらが「高芳」さんの特選 鱒の寿し 芳太郎(よしたろう)2100円です。芳太郎の購入には前日午前中までの予約が必要です。

H220408_002

幾重にも折り重なった箱を開けていくとこのようになっています

H220408_003

箱の中身は通常タイプと変わらないようです。

H220408_004

付属品はナイフとお手拭、桶は青竹で出来た挟竹でしっかりと挟まれていました。挟竹はゴムで押さえてあるのですが、このゴムが一重であったり、二重であったり、お店によって強度がまちまちです。高芳さんはしっかりと挟んであるほうだと思います。

H220408_005

いたってシンプルな桶と中身。ですが、桶の厚みが他のお店と違っているような…桶の厚みも調べておけばよかったかも知れません。桶にも各お店の特性があったかもしれないですね。

H220408_006

しゃりが上にくる逆さ造りの製法です。

H220408_007

蓋を裏返し、ひっくり返した鱒の寿しを置きます、この作業を56回もやってきました…素晴らしい!目指せ100回ですよw直径は17cm、この値はもはや富山基準と断言しても間違いない数値ですね。

H220408_008

笹皮の上から付属のナイフをいれますが、笹皮がほつれて大変切りにくくなります。この笹皮のほつれる原因は一度笹皮を捲ってしまったためです。笹皮ごと綺麗に切りたい場合は笹皮を捲らずに切ってください。


H220408_009_2

笹皮を剥いてみました。綺麗な淡い色合いのみずみずしい鱒です。しっとりと生の感触が残った鱒の身です。

H220408_010

厚みは20mm。鱒の身も5mmクラスと厚めの鱒の身です。表面はしっかり押された鱒ですが、中はとろりとした生の感覚が残る脂ののった鱒ですね。

H220408_011

しゃりが透き通るような素晴らしいしゃりです。しっかりと押されぎゅっと詰まっていますが、お米の柔らかさが感じられる美味しいしゃりです。鱒も上質な脂が口の中で広がってとても美味しいですね。酢加減、塩加減とも絶妙ですね、なんといってもしゃりが美味い、これは美味しい鱒の寿しです。

今回、ご紹介し購入したお店はこちら


高芳

HP http://www.takayoshi-masuzushi.com/index.html

通信販売も行っております

住所 富山市本町3番29号

大きな地図で見る

TEL (076)441-2724

定休日 隔週日曜日

営業時間 AM7:00~PM17:00(売切れ次第終了)

駐車場はありません。お近くの有料駐車場をご利用ください、30分100円のコインパーキングが近くに点在します。AM10時には販売を終えること もありますので、ご利用の際はご予約をお勧めいたします。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« そんなに熱くはないよ 「ふうふう亭」 | トップページ | ぶっとい! 「本場讃岐うどん 好日庵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/34126749

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ゆうたらますのすしですちゃ  「高芳』 芳太郎 ~ 56/富山県のますのすし :

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/04/09 09:39) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 9日 (金) 09時39分

« そんなに熱くはないよ 「ふうふう亭」 | トップページ | ぶっとい! 「本場讃岐うどん 好日庵」 »