« 捉え切れない!これがマエストロの業!! 「ピッツェリア オ・マエスト」 | トップページ | 海賊とはまったく関係ありません 「麺処 スパロー」 »

霧の軽井沢 富山から日帰りで行こう

こちらのコーナーは、aiba家が実際に富山から日帰りで遊びに行ったコースを紹介しているコーナーです。今回は、軽井沢方面へ出かけてきましたので、ルート、所要時間等を紹介します。各施設の詳細は続きにあります。

AM7:00
富山

↓ rvcar 

流杉PA 北陸自動車道、上信越自動車道経由 小諸IC 233.3km

↓ rvcar 5km

AM10:00
長野県小諸市 「こもろ布引いちご園」
こちらはいちご狩りのできるいちご園です。
AM11:30

↓ rvcar 12km

PM12:00
長野県佐久市 「峠の釜めし本舗おぎのや 佐久乃おぎのや」
峠の釜めしで有名なおぎのやさんの大型店舗です。
PM12:45

↓ rvcar 19km

PM13:15
長野県北佐久郡軽井沢 「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」
軽井沢にある超大型ショッピングモール
PM17:30

↓ rvcar 12km

碓氷軽井沢IC 上信越自動車道、北陸自動車道経由 流杉PA 263km

PM21:00
富山

各施設の詳細、感想は続きにあります。

Wz5ytpfk


最初に訪れたのは長野県小諸市にある「こもろ布引いちご園」さんです。

H220307_000

大概のいちご園、フルーツ園は受付にて料金先払い制です。受付にて料金を支払うとチケット(入行書)をもらえます。それをもって農園に行って手続きをしてフルーツ狩りをおこなうスタイルが多いと思いますので、まずは受付に行きましょう。

こちらの「こもろ布引いちご園」さんでは、大人1500円、中学生1300円、3歳以上1000円でイチゴ狩りの食べ放題が時間無制限で楽しめます。時間無制限という太っ腹ないちご園は自分の知る限りでは大変珍しいです。また、少人数なら予約がいらないのも気軽に行けていいですね。

H220307_001

「こもろ布引いちご園」さんは大型いえ超大型ビニールハウス内でのイチゴ狩りになります。写真はこの日案内された農園の四分の一の写真です。場所によっては場所の指定があったりするところもあるのですが、「こもろ布引いちご園」さんはそのようなことはなく超広大なスペースで、イチゴ狩りが満喫できます。イチゴも高い場所と低い場所の二段栽培されていますので、大人から子供まで楽に収穫できます。

H220307_002

イチゴの収穫の仕方は農園によってことなりますので、必ず園の指導に従って収穫してください。収穫の方法を理解したところでイチゴ狩りを楽しみます。

H220307_008

「ころも布引いちご園」さんではこのようなケースに練乳をいれてもらえますので、これを持ち歩いて収穫したイチゴを食べ、へたをケースに入れてあとで専用のゴミケースにまとめて捨てましょう。


H220307_003

「こもろ布引いちご園」さんは農園内に休憩スペースが有り、お茶の無料サービス、手洗い場、さらに

H220307_004

練乳も使い放題です。多洗い場が中にあるのは大変ありがたいです。手洗い場が外にあるところも多く、終了時にしか手を洗えないのですが、こちらでは好きな時に洗えます。そして、大量に置かれた練乳、自由に使えるのは大変素晴らしい。園によっては置いてなかったり、係員に声をかけないともらえなかったりするのですが、ゆっくりしていってね、というサービスがいいですね。

H220307_006_2

とちおとめ、べにほっぺ、そして、こちらのアルビオンというイチゴが現在収穫可能でした。このアルビオン、まるでカブのようなしっかりした歯ごたえで、果物というより野菜のような感覚でした。初めて食べるイチゴに自分も嫁も興味津々で、おもわず食べ過ぎてしまいましたw

H220307_005

休憩スペースにはイスやテーブルもあるので収穫したイチゴをゆっくり味わえます。もちろん食べながら歩くのも、イチゴ狩りの醍醐味ですがね。

こもろ布引いちご園

HP http://www.ichigodaira.com/

H220307_000_2


住所 長野県小諸市大久保1173-1(あぐりの湯こもろ敷地内)

大きな地図で見る

TEL (0267)26-2615

定休日 シーズン中無休 いちご狩りシーズンについてはHPを参照

営業時間 AM10:00~PM15:00
電話受付時間 AM10:00~PM15:30

駐車場は農園側、あぐりの湯との共有スペースあり。

次に下道で車を走らせ、長野県佐久市にある、峠の釜めしで有名な「おぎのや」さんの「佐久乃 おぎのや」さんにお邪魔しました。上信越自動車道佐久ICの真横にありますので大変わかりやすい場所にあります。

H220307_009

「おぎのや」さんの峠の釜めしは群馬、長野、はては山梨にまで販売店のある有名な釜めしですが、小型販売店やドライブイン、高速SAではあっという間に売りきれてしまうため入手することが難しいのですが、こちらの「佐久乃 おぎのや」さんではそのような心配はほぼ無用です。しかし、GW等の大型連休では売り切れる時もあるとか…恐るべし、峠の釜めし…。

店内には飲食スペース、地元名産品販売所、1250人まで収容可能な団体用大広間、そしてりんごや巨峰のフルーツ狩りも楽しめる果実園も隣接して営業されております。大型バス28台、乗用車130台を停められる大型駐車場完備のお店です。

H220307_011

団体なら峠の釜めしを用いた御膳もいただけるそうですが、個人利用の場合は一階の飲食スペースで

H220307_012

こちらの直売スペースで購入した峠の釜めしを味わうことが出来ます。他にそば、うどんと言った軽食も券売機セルフ式で販売しております。

H220307_013

峠の釜めし味噌汁セット(1100円)、釜めし単体なら900円で販売しております。訪れた時間帯がよかったのか、出来立ての温かい釜めしを購入できました。

H220307_014

いつみても見事な釜めしですね。

H220307_015

温かい釜めしはまさに美味。そしてこの器、当然持ち帰りも可能ですが、返却もできます、これはでかい。不燃物で処理に困りますからね、それにaiba家にはすでに四つほど釜めしの器があるものでcoldsweats01

峠の釜めし本舗おぎのや 佐久乃おぎのや

HP http://www.oginoya.co.jp/index.html

H220307_009_2

住所 長野県佐久市岩村田北1丁目22-1

大きな地図で見る

TEL (0267)67ー3939

定休日 年中無休

営業時間 AM8:00~PM20:00

駐車場は驚きの130台。

いちごと釜めしでお腹を満たした後は、軽井沢へ足を伸ばしました。本来なら聖パウロ教会などへ観光に行こうとおもっておりましたが…

H220307_017

この日の軽井沢はあいにくの霧模様。

H220307_016

ホワイトデーのプレゼントを買う場所として当初から予定していた「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」へ直行とあいなりました。同じことを考えた人が多いのか、過去に訪れたどのときよりも人が多いと感じましたね。

今も新しいモールが建設されて拡大中の同プラザ、訪れるたびにお店が増えていて確認するだけでも大変ですw

もともとアウトレットモールで割引な同モール、現在冬物最終セールとなっていて80%オフの文字も見えるお店も多数あり。しかし、1万円の80%オフの2千円なら飛びつけますが、35万円の80%オフの7万円にはとても飛びつけませんcoldsweats01

一日かかっても周り切れそうもない広さです。初めてでショッピングが好きなら最初からここに着てもよいかもしれませんね。飲食店も充実しておりますから一日中滞在することも可能なモールになっています。

嫁へのホワイトデーのプレゼントを購入した後は

H220307_018

同プラザに去年9月にオープンした花畑牧場の直営店で義理チョコのお返しを購入して帰りました。

H220307_020

生キャラメルも種類が増えてました、このほかに買いそびれた種類が6種類ほどありました。

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

HP http://www.princehotels.co.jp/shopping/karuizawa/index.html

H220307_016_2

住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178

大きな地図で見る

TEL (0267)42ー5211

定休日 年中無休

営業時間 季節によってことなります 詳細はHPにてご確認ください

駐車場は探せば無料の路上パーキング有り、ただし、空いているのを見たことが有りませんが…専用駐車場は2時間300円、それ以後一時間に付き100円、2000円以上買い物をすると最初の2時間は無料。

皆様のご声援のおかげでブログ村富山情報部門にて上位にランクインさせていただきました。感謝の言葉もございません。これからも頑張って富山から情報を発信していきたいと思います。ありがとうございました。

やる気ぼたん↓

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« 捉え切れない!これがマエストロの業!! 「ピッツェリア オ・マエスト」 | トップページ | 海賊とはまったく関係ありません 「麺処 スパロー」 »

コメント

ブログランキング、第一位!おめでとうございます~予想通りで、私も嬉しいです。
これからも楽しみにしてますね。

お返しに、花畑牧場とは、良いですね~私も義理チョコ、渡したかったですね(^-^;

投稿: ウッキ | 2010年3月 8日 (月) 11時41分

 いちごのシーズンいちごファンにはたまらないでしょうね。
佐久のおぎのやは我が家もよく利用しています。特に佐久と長野店はよくお世話になっていますね。

 アウトレットもリアルに安くて買える値段にしてほしいですよね。35万が7万って誰が買うのでしょうね?花畑の商品が軽井沢で売っているのは驚きですね。

投稿: ブログde付録 | 2010年3月 8日 (月) 14時58分

ブログランキング、1位おめでとうございます!!!趣味といえど、継続するにはパワーが必要ですよね。これからも、応援しています。

練乳常備のいちご狩り、いいですね~
主人はいちごには練乳が不可欠なので、こんな果物園はありがたいです。
でも、いちごの画像をみたら、やはり胡風居さんのパフェが食べたくなりました(≧∇≦)

週末は京都で仕事を終えたあと、お茶屋さんの甘味処「茶寮 都路里」で特選パフェを食べました。オーソドックスなパフェで、中の抹茶カステラが美味しかったですね。でも、個人的には胡風居さんのように、ソフトクリームがたっぷりのパフェが好みです。胡風居さんは、ほんと全国区になってもいいかも☆
 
京都から帰る途中、彦根・長浜に寄り道しました。
彦根ではひこにゃんグッズを買い込みました。aibaさんのブログを見てから、ひこちゅう、とらにゃん、しまさこにゃんも家にお迎えしたく思い、ぬいぐるみを探しました。しかし、とらにゃんだけは購入できませんでした(。>0<。)

雨天のこともあり、ひこにゃんに会うのを断念して、主人のお目当ての長浜城と黒壁スクエアに移動しました。
こちらも、いろんなお店があり楽しめました。何気なく入った「かどや」さんの麩饅頭も美味しかったです。

賤ヶ岳SAでは、つるやのサラダパンも購入できました。「コッペパン」のような物を想像していましたが、やわらかいパンで中のたくあん・マヨネーズもあっさりしていました。これなら、胃にもたれませんね。

京都・滋賀も、まだまだ知らないところがたくさんあります。

富山城の周りにもキャスルロードや黒壁スクエアのような町並みがあればいいのに・・・なんて思いました。

4月は京都に行かれるのですか?
桜のレポート、楽しみにしています。

投稿: タン | 2010年3月 8日 (月) 16時55分

>ウッキ さん

一位とは自分には過分な評価を賜り、自分自身驚きを隠せません。
ご声援いただいた皆様のおかげです。

これからもウッキさんをはじめ
ご愛読していただいている皆様の
少しでも参考になる記事を届けてまいりたいと思います。

義理チョコのお返しを考えるのが大好きで
今年は花畑の生キャラメルのセットにしました。
チョコを頂けれれば3倍返しをいたしますhappy01
これぞaiba錬金…って何か違いますねcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2010年3月 8日 (月) 21時38分

>ブログde付録 さん

いちご好きのaiba家にとって待ちに待ったシーズン到来ですhappy01
今年はどのいちご園に行くか考えるのが楽しみです。

佐久のおぎのやさんは初めて利用しました。
いつもは小さな販売店なので早々に売り切れていて買いそびれるのですが、佐久のおぎのやさんなら夕方に訪れても大丈夫そうですよね。次回からは帰りによりたいと思います。

中央の高級ブランド街はさすがに人がまばらでした。でも、そのお店で大量に購入される方もあり、どんな人なんだろうと思いをはせてみたりしていましたw

花畑さんは去年の九月にオープンしたそうで、生キャラメルだけではなく、生キャラメルアイス、メロンパン、ホエー豚丼など花畑の商品が一通り揃っているようでした。生キャラメルも追加で品だしされていましたので、売り切れるということはないみたいで安心して買い物できました。

投稿: zen_aiba | 2010年3月 8日 (月) 21時45分

>タン さん

まさか一位になるとは自分でも予想外でした。驚きと喜びが隠せません。これもタンさんをはじめ、いままで応援していただいた方々のお力があってこそだと思います。ありがとうございました、そして、これからもよろしくお願いいたします。

自分も苺には練乳が欠かせない男なので
この使い放題はありがたいの一言です。

京都、去年は桜には一足早かったので
今年はタイミングを合わせて行きたいですね。

胡風居さんのソフト一杯のパフェをいただくと
他のお店のパフェが物足りなくなってしまいますね
罪作りなお店ですhappy01

ひこにゃん靴下、しまさこにゃんマフラー、にゃんぶハンカチと
我が家にもグッズが溢れていますw
まだまだ買い足りないと嫁が申しておりますので
また彦根にお邪魔したいですね。

黒壁とガラス館は是非いきたいですね

サラダパン、たくあんのパンがあんなにあっさり
頂けるものとは想像ができませんでした
賤ヶ岳SAで購入できたのですね、次回からは立ち寄って簡単に買えますね
情報ありがとうございます。

富山ももっと観光に力を入れて欲しいですね
ライトレールのような最新技術ではなく
なにか情緒溢れるものを想像して欲しいものです。

投稿: zen_aiba | 2010年3月 8日 (月) 21時59分

ライトレール・・・いまだ利用したことないです。利用できる場所に住んでいませんし・・・
Σ(;・∀・)

昨日TVで全国のB級グルメの特集をしていましたが、富山は「富山ブラック」・・・
うーん、どうなんでしょうね

ひこにゃんグッズ、増えましたね。
多賀SA(下り線)に、名前が入ったストラップが売られていたと主人から聞きました。私は先にJRで京都に行ったので、実際見ていませんが、たくさんの名前があったようです。
主人は、自分のと私の名前を探したのですが・・・ありませんでした・・・つまり、最近の流行の名前じゃないってことですよねΣ( ̄ロ ̄lll)
残念というか、納得できないというか・・・

去年aibaさんが彦根に行かれるとき、このグッズはもう販売されていましたか???

名前の種類、増えてほしいなーなんて思っています。

投稿: タン | 2010年3月 9日 (火) 15時21分

セントラムもポートラムも利用したことはないですw
それどころか車で駅前を走ることが多いので、邪魔としか思っていませんcoldsweats01

B級で「富山ブラック」ですか…
苦手な自分としましては
あれが富山の味と思われても
ちょっとって感じですね。

ひこにゃんストラップは四種類もっていますが
いずれも名前なしですね
自分が彦根城付近のお土産屋で購入したときは
名前付きは見なかったような。今度探してみますね

投稿: zen_aiba | 2010年3月 9日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/33668500

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の軽井沢 富山から日帰りで行こう:

« 捉え切れない!これがマエストロの業!! 「ピッツェリア オ・マエスト」 | トップページ | 海賊とはまったく関係ありません 「麺処 スパロー」 »