« アイネ・クライネ・ナハトムジーク第二楽章の調べにのりて 「レストラン 登汐」 | トップページ | 味噌ラーメンゆうたらコーンですちゃ 「サッポロラーメン マリモ」 »

富山ゆうたらますのすしですちゃ  『味よし食品』 極選 ~ 54/富山県のますのすし 

久々の富山のますのすしを紹介するコーナー第54回目です。TVで室井滋さんがますのすしを食べ比べしていていましたね。せっかくのTVなので出来れば自分の知らない鱒のすしを探していただきたかったものですw

今回は、「味よし食品」さんの極選 鱒の寿司をご紹介いたします。

H220323_000


検索用ワード 富山土産 鱒の寿し 鱒寿し 鱒の寿司 富山名産

詳しくは続きをどうぞ

Xnakcjws

写真は購入場所の「米山SA(下り)」の写真です。「味よし食品」さんの鱒の寿司は富山空港以外では、県外の高速SAで販売されております。といいますか、富山県内での販売箇所が少ない状態です。

H220323_001

こちらが「味よし食品」さんの極選 ますの寿し(1800円)です。ますのハラのところを使用したますの寿しのようです。同じますの部位の差による値段の差タイプのものです。

H220323_002

レジ袋は米山SAのものになります。

H220323_003

付属品は割り箸、爪楊枝、ナイフ、それとお手拭。青竹による挟竹で挟んで有ります。

H220323_004

いたってシンプルな中身です。

H220323_005

鱒の身が下に来る逆さ造りの製法のようですが…なにやら薄い板昆布のようなものが見えます。

H220323_006

桶から取り出した笹皮に包まれた鱒の寿しを蓋に乗っけます。逆さ造りの鱒の寿しは、蓋をしたままひっくり返して桶を外せば鱒の身が上に来るので簡単です。直径は17cm。標準サイズの鱒の寿しです。

H220323_007

かれこれ50回以上、鱒の寿しを切ってきた経験上、いちど笹皮を捲ってしまうと笹皮がほつれてうまく切れないことが多いです。笹皮をつけたまま切りたい場合は、笹皮をめくらずそのまま切り分けるとよいでしょう。

H220323_008

笹皮を捲って撮影しました。鱒の身の上には薄い白板昆布が敷かれていました。「味よし食品」さんの極選オリジナルの製法のようですね。鱒の寿しに昆布、富山県民の二大食品ですね。

H220323_009

厚さは20mm。鱒は薄いですね、完全に加工した状態なのが見て取れます。

H220323_010

半分は昆布を捲って撮影しました。鱒は燻製に近い感じに仕上がっています。昆布が鱒の水分を全部吸収している感じになっていますね。鱒自身も鱒の風味より昆布の風味が強く感じられます。メインを昆布にとられているような気がします。しゃりはしっかり押されていますが、炊き方がやわらかめなのでしょうか、全体的に柔らかめに感じます。

味よし食品

HP http://www.ajiyoshi-s.co.jp/

通信販売は上のサイトでは行っていない様子です。

富山県での桶タイプのますの寿し販売は、富山空港、ヨッテカーレ城端で確認しました。

住所 富山市願海寺館本666-2

大きな地図で見る

TEL (076)434-4444

定休日・営業時間 本社工場のため調べておりません。


マンネリ防止、自分のやる気鼓舞のため、ブログ村富山情報部門のランキングに登録をいたしました。こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

ぽちっとな

H220312_028_5

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« アイネ・クライネ・ナハトムジーク第二楽章の調べにのりて 「レストラン 登汐」 | トップページ | 味噌ラーメンゆうたらコーンですちゃ 「サッポロラーメン マリモ」 »

コメント

おはようございます!

久々の「ます寿しメジャー」で 身を乗り出して 食い入るように記事に見入ってしまいました(^O^)/

もしや…
と思って見てみたら この黄色いメジャー
第1回目から登場してるんですね(^_^)

…それにしても
今回の紹介文…あまり力が入ってないように感じるのは気のせいでしょうか…?

投稿: dendoroubik | 2010年3月24日 (水) 09時04分

 呉羽のPAに鱒寿し売っていました。しかも「特選」まであってびっくりしました。製造元はちょっとわかりませんでしたが・・・・。

投稿: ブログde付録 | 2010年3月24日 (水) 15時22分

>dendoroubik

この鱒寿しメジャーは第一回目から使用しているご愛用品です。
いまでは仕事用は別に車に積んで有り
食卓横に鱒寿し用にこいつがおかれていますw

なんといいますか伝えることの少ない鱒の寿しでしてcoldsweats01
人に強くは紹介したくないといいましょうか…
54個も食べていればいろんな鱒の寿しがありますねcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2010年3月25日 (木) 00時11分

>ブログde付録 さん

高速のSAは各社の鱒の寿しが販売されていますね。
つい用もないのに立ち寄って調べてしまう自分がいますw
以前はそんなに見かけなかった
特選の鱒の寿しも普通に売られていてびっくりです。

呉羽ですと確か上りは笹義といそまさ
下りはいそまさとホテルニューオータニ高岡だったような気がします。
この中で特選というと笹義さんではないでしょうか…

こんなにも鱒の寿しに詳しくなって
ちょっと自分でも驚いていますw

投稿: zen_aiba | 2010年3月25日 (木) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/33900590

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ゆうたらますのすしですちゃ  『味よし食品』 極選 ~ 54/富山県のますのすし :

« アイネ・クライネ・ナハトムジーク第二楽章の調べにのりて 「レストラン 登汐」 | トップページ | 味噌ラーメンゆうたらコーンですちゃ 「サッポロラーメン マリモ」 »