« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 中国四川料理 アクセス~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 RESTAURANT くにさき~ »

ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~

再び、メリークリスマス!!aiba家はクリスマスを謳歌しています。

さて、aiba家のクリスマスイブ(24日)は魚津市に店舗を構える「大黒屋寿司店」さんにてクリスマスイブディナーを楽しんで参りました。

H211225_000


検索用ワード 魚津でお寿司 職人のいるお寿司屋さん 焼き鯖寿し

詳しくは続きでどうぞ お店の住所、定休日の情報も続きにあります

写真は自分の中でお寿司屋さんでの憧れだったイメージです。カウンターに座って大将と世間話をしながら対面で握ってもらう、これを自分の稼いだお金で出来るようになるのが、ささやかな望みでした。この歳になってようやく願いがかなえられたのである意味クリスマスプレゼントを頂いたのかもしれません。

実は22日に、クリスマスイブに空いていますか?と確認をしたところ大丈夫です、とお返事を頂きましたのでお邪魔させていただきました。なんとか今年中にもう一度お邪魔したかったので、滑り込みセーフと言ったところですね。

ついて早々に長年の勝手な思い込みの
「クリスマスってお寿司屋さんって暇なイメージがあるんですが?」
という疑問をいかい大将に伺ったところ
「巻き物等の配達で開店前までは大忙しですよ」
と、笑って教えてくれました。なるほどホームパーティー用とかの桶寿司だ、また一つ自分の中のお寿司屋さんへのイメージが変わっていきました。

H211225_002

クリスマスですが、お寿司屋さんに行ったら「お任せ」を黙って出してもらえることにあこがれている自分を、いかい大将もご存知なので「お任せ」料理をだしていただけました。お寿司屋さんの常連って本当に子供の頃からの憧れでした、いやぁーいいですね、この感覚。

この日のスタートはいかの昆布締め。もっちりしたいかの厚めの身が美味いですね。

H211225_004_2


左からヒラメと鯛の昆布締め。昆布締めの美味さがわかるようになって来ました、自分もすっかり富山人です。

H211225_005_2


白子酢。


H211225_007

冬は白子の美味しい季節、酢の物でいただく白子も美味でございます。

H211225_008

めじ鮪の昆布締め。まぐろの昆布締めとは珍しい、まぐろって富山に出回らないので昆布締めにならないんですよね。

H211225_009

そして、その昆布締め握り。前述のひらめ、たいも握っていただきました。お寿司になるとまた味わいが変わる、その違いを教えてもらえるので勉強になりますね。

H211225_010

冬の味覚かに。

H211225_011

かにはやっぱり食べるときに無口になりますな。剥いたかにを出されてもやはりなにか違う気がしますので、無口にならないように食べる、こればかりは永遠の課題でしょうねw

H211225_014

鰤の兜蒸し。頭、でかっ!7.5kgの鰤の頭だそうです。

H211225_015

身を削いで食べるのですが、塩湯でして蒸された鰤の身がこれがまた美味い。部位の差はあれどいうなればぶりしゃぶですから美味いですよ!これを食べさせていただいて、大黒屋さんには本当に感謝です。問題は身を削ぐのに一生懸命になって、カニ以上に嫁と二人して黙々と食べてしまいました。

H211225_016

鰤の目玉です。グロデスクですがコラーゲンの塊です、嫁が喜んですすっていました。つるんとしたの食感が喉越しに伝わってきていいですね。

H211225_017

芽ネギとアナゴのお寿司です。鰤を無心でしゃぶりつくしたあと握っていただきました。

H211225_020

これがしゃぶりつくした鰤の頭だったものw本当に美味しかったです、富山に住んでて本当に良かったてくらい美味しかったです。

H211225_018

自家製の塩漬け。

H211225_019

「大黒屋」さんの凄いところはこれもお寿司で出してくれるところですね。


H211225_021

すけそうだらの塩焼き。

「たらの塩焼きって珍しいですね、普通は鍋か煮付けでしょ?」

と尋ねると、いかい大将から「これは今となりにいらっしゃるお客様から教えていただいた食べ方です」と

すると、そのお方から

「こんな上品な切り身じゃあかん、串に刺して半身で豪快に焼くんや」

と、鋭いご指摘が。その豪快な食べ方確かに凄そうです。

H211225_022

さらに醤油で食べようとすると

「酢醤油でたべるんや、それが漁師の食べ方や」

すかさず酢醤油を用意してくださる大将。お勧めの食べ方で頂きました。美味い!確かに醤油より酢醤油のほうが美味い!!

「どや?」

「美味いです」

「そうやろ」

いいですね、このやり取り、今思い出しても最高です。こんなやりとりが楽しめるのは、常連さんが優しい「大黒屋」さんならではですね。こういうやり取りにあこがれてました、もうたまらんですね。しかも、この話はまだ繋がり、お隣さんはお帰りになり、また別の常連さんが、すると大将が

「たらがあるけど、煮たの?焼いたの?」

「煮たの」

………そうでしょうよ、そう聞かれれば自分もそう答えましたよ。

すると別の常連さんたちが

「たらは煮つけやろ~」

と、圧倒的に煮付け派ばかり。

「いやいや、焼いたのも美味しかったですよ~」

と、自分と嫁。またしても会話が盛り上がる。なんというか自然と知らない人たちとの会話が楽しめました。ですが、この自然とも思える流れですが、いかい大将が話をさりげなく誘導していますよね。これがカウンター寿司屋さんの熟練の業ですね。

「お客様にお店に来ていただいて感謝しております。修行させてもらえますので、毎日お客様に育てていただいております」

いかい大将とお客様というものについて会話を交わしたときに、いただいたお言葉です。現状に満足ぜずにより良いお店であろうとする姿勢が、自分ごとき若輩者がいうのはなんですが、大変素晴らしいと心に染み入りました。自分も「大黒屋」さんに通うことで、いろいろ勉強させてもらっています。さらによりよいお客になろうと心に期すところがありました。

H211225_023

「いつも同じようなお寿司になっちゃってごめんね」
いかい大将はいわれましたが、美味しさと楽しさが同居して、食事することの喜びを「大黒屋」さんは自分達に提供してくれます。この素晴らしいお店であるために、大将、女将さん、助っ人さんが日々精進されている。食べるお寿司は季節で同じかもしれませんが、決して同じ味わいのものではない、何かが存在するような気がします。

H211225_024

でも、こちらの大黒寿しは美味しいいつもの味でいて欲しいですがwやっぱり美味しいですね、焼き鯖の大黒寿し。

H211225_025

最後に林檎を頂いて締めになりました。自分のあこがれであったお寿司屋さんの常連に一歩近づけた気がします。楽しいクリスマスイブをどうもありがとうございました。大将、女将さん、助っ人さん、またお邪魔させてください、よろしくお願いします。

H211225_026

お土産も頂きました。


H211225_027

朝ご飯に美味しくいただきました。

H211225_028

自分と嫁が好きなガリももらいました。このガリだけでご飯食べれちゃいますよ。

お店情報

大黒屋寿司店

HP http://www.nice-tv.jp/~daikoku/index.shtml

H210429_109

住所 魚津市中央通り2-9-16

大きな地図で見る

TEL (0765)24-2888

定休日 水曜日

営業時間 PM4:30~PM10:00

駐車場はお店前の川の向こう側のスペースにありました。HP25台分とありましたが、25台を停めるときは皆さんのご協力が必要な気がします。。も し停められなければお店の人に聞いてみてください。また、お店付近の道は一方通行が多いです。標識に気をつけて運転してください。

|

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 中国四川料理 アクセス~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 RESTAURANT くにさき~ »

コメント

クリスマスでした~(笑。

aibaさん、ディナー2回?!
ううう羨ましいですぞぅ~ww

しかも大黒屋さんの素敵レポート!
一品一品、詳細に愛情がこもったコメントは
読んでいてヨダレが出そうです!

お料理はレポで美味しさが伝わってきましたが、
最後のデザートは・・・リンゴとありますが、
面白い形ですよね??細工切り??
生のままですか?ちょっと気になってます(^_^;)

私も行ってみたいけど・・・距離とお金がww
でも行きたいお店です~!!
みかどん、領収書切ってくれないかなぁ~<マテw

私はお家で手巻きマキしてました。

王子(10歳)がインフルになりましてww
すっかり良くなりましたが、タミフルの異常行動が心配で
ここ暫く、私もほとんど家を出れませんでした><
(結局、何も無かったんですがw)

クリスマスが終わったら駆け足で年末・お正月ですね!
これから地獄の大掃除が待っておりますが。。。

aibaさんも奥様も体調に気を付けて下さいね^^
ヒマがあったら(無いと思いますがw)グルメ師匠のレポをお願いします(笑。

あ、wiiを「ふらり」と買ってしまったグルメ師匠!
出番がないなら喜んでお引き取りします!笑。

投稿: ラヴゥ | 2009年12月26日 (土) 09時02分

>ラブゥ さん

2回?いーえ、3回ですw

林檎は生の林檎でした
フライドスライサーで
型を整えていると思います

大黒屋さんはびっくりするほど安心価格
言われた価格に
えっ?安すぎって思うほどのお値段です。

もし来店する機会があられましたら
aibaさんからお勧めしていただいた
といっていただければ
私、最高の喜びです。

手巻き、いいですね~
子供とお家で手巻きパーティー、憧れます

お子様のインフル
かかってしまったのは災難ですが
何事もなくなによりです。
そして、最近、みかどんさんのカメラ女子が
ラブゥさんではなかった理由も納得です。

年末、お正月はaiba家が沈黙する瞬間ですw
仕事もあるし、合間に親族行事で忙しいので
本気で何も出来ません
元旦は初詣にすら行く暇がありませんweep

wiiですか
グルメサンタにお願いすれば
グルメサンタは願いをかなえてくれたかも
ですが、クリスマスシーズンは終わってしまいましたw
また、来年クリスマス前に
グルメサンタまでお問い合わせくださいw

投稿: zen_aiba | 2009年12月26日 (土) 23時52分

アイバ様毎度どうも。
いつも工夫が努力が足りないと思いながら
女将助っ人とがんばっております。
なかなか『これでどうだ』と言う1品ができません。

助っ人はこの3ヶ月毎日鱈を煮ています。
俺もたまに煮ますが毎日の助っ人には勝てません。
下手打つとこの鱈、誰が煮たんだと怒られる気がします。
常連さんは、ここの鱈煮は美味いどこかが違う。
肴に毎日食べても良いと言って下さいます。
そして家の鱈煮はなんかあっさりなんだちゃ。と
あっさりは良くわかります。俺もあっさり派なもんで・・。

これだけのダシに砂糖、醤油、塩、これだけのしょうが・・
冷たい水から煮るか?沸いてからか・・・。
さてこのしょうがですが意外と多く使うんですよ。
でも入れすぎても少なくても良くない。微妙なとこです!
助っ人は毎日煮ても煮ても同じ味にならん。
煮かたは難しい奥が深いと言っていました。

今回こんなに素敵に具体的にほめていただき
感激しております。ありがとうございました。

りんごのことですがワッフルスライサーって言う便利な
スライサーです。ネットで検索して見てください。
大黒屋寿司店

投稿: おやじ | 2009年12月27日 (日) 02時06分

>おやじ こと いかい大将

24日はお世話になりました
あかげで楽しいクリスマスイブになりました

料理の世界は奥が深いですね
餅つきの例ではありませんが
たまに煮る位では
鱈煮について通ぶっては
いかんということでしょうか?

しかし、その毎日煮込んで
研鑽した助っ人さんの鱈煮も
味わってみたいですね~

こちらこそ2009年は大変お世話になりました
2010年もよろしくお願いいたします。

投稿: zen_aiba | 2009年12月28日 (月) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/32729924

この記事へのトラックバック一覧です: ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~:

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 中国四川料理 アクセス~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 RESTAURANT くにさき~ »