« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 たつや~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 ちゃんこ 蔵前~夏の穴場の鍋屋に行こう »

富山ゆうたらますのすしですちゃ  『丸龍庵』 特選 ~ 51/富山県のますのすし 

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第51回目です。最近、鱒の寿しのカテゴリーへの多大なアクセスを頂いており感謝の極みです。お盆も終わったのになぜかな、と思っておりましたが、風の盆で富山に来られる方が多いということでしょうか。お気に入りの鱒の寿しがあられましたら、せひ、ご予約の上ご購入お願いいたします。当ブログへのアクセス、まことにありがとうございました。

さて、今回は射水市に店舗を構える「丸龍庵」さんの特選鱒の寿しをご紹介いたします。

H210826_011


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山 鱒のすし 購入

詳しくは続きをどうぞ

こちらは「丸龍庵」さんの店舗の写真です。「丸龍庵」さんの鱒の寿しをこちらで購入する場合は、前日までに予約をしてこちらに商品を取りに来るという形になります。「丸龍庵」さん、と書かれた扉を入ると右手にインターホンがありますので、そちらで商品を取りに来たことを告げると、商品を持ってこられますので、その場でお待ちください。

H210826_000

かっこいい紙袋です。濃紺系の色が好きな自分にはたまりませんね。

H210826_001

こちらが特選鱒の寿し1700円です。通常は1300円なので、値段の差から考えると使われている鱒は同じで部位による差で特選と通常を分けておられるようですね。コーティングカバーされたパッケージがいいですね。金色の鱒の文字が豪華に感じます。左上に特選と書かれています。

H210826_002

パッケージの化粧箱の豪華さに比べると、押し棒によって挟まれたいたって普通の桶です。アンケート葉書がついているのも「丸龍庵」さんの特徴です。割り箸の袋の中にナイフと爪楊枝が同封されています。

H210826_003

蓋の下にはビニールの中蓋。ですが、こちらもいたってシンプル。

H210826_004

鱒の身が上にある鱒の寿しのようです。

H210826_005

蓋をひっくり返して鱒の寿しを取り出して上に乗っけます。サイズは直径17cm、鱒の寿しの標準サイズです。

H210826_006

笹皮の上からナイフを入れるのですが、何やら異質な手ごたえ。鱒の身としゃりだけではないような?小骨でもあるのか、それにしてはやたら多いですよ!?

H210826_007

異質な手ごたえに笹皮を剥いてみたのですが、綺麗な鱒の身以外特に何も見えません。骨があるようにも見えない鱒の身ですが…

H210826_008

気になって鱒の身をめくってみると、鱒としゃりの間に刻みガリがこれでもかっと挟まれていました。ナイフから伝わる異質な手ごたえはガリの手ごたえだったんですね。

H210826_009

厚みは2cm弱。鱒の身は4mmから6mmでしょうか。

H210826_010

特選と銘打つだけあって鱒の脂はものすごいこゆいです。ですが、それをうまくガリが消しつつ、鱒の味を引き立て、ガリの味もアクセントとしていい感じで、なかなかに美味く考えられた鱒の寿しです。しゃりもがりと鱒に負けないように、それでいて邪魔をしないような味付けで美味しいです。全体的に柔らか目の押し具合ですね、通常版は押しが強かったのですが、特選は造り方から変えているようです。工夫と味に舌鼓すり、よい鱒の寿しでした。

丸龍庵さんの通常の鱒の寿しの記事はこちら

 

(有)丸龍庵

氷見温泉永芳閣

HPはありませんが、こちらのページから御取り寄せできます。地方発送も承っております、お電話にてお気軽にご相談ください。

住所 射水市善光寺33-9

大きな地図で見る

TEL 0766-84-3460

定休日 不定休

営業時間 お電話にて相談、朝早くのご注文にもお答えします

本店店舗による購入は前日までの完全事前予約制です。一個からでもOKです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 たつや~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 ちゃんこ 蔵前~夏の穴場の鍋屋に行こう »

コメント

zenさん、こんにちは!

ますのすしシリーズも、今や前人未踏の域に入ってきましたね☆☆☆
黄色いメジャーでます寿しを探求される様子にいつも圧倒されてしまいます!
先日、富山出張の際、時間がなくてスーパーのます寿しで昼ご飯を済ませたんですが、zenさんのブログで舌(眼?)が肥えているせいか、なにかモノ足りないような気がしました(笑)

来月は、仕事で1回、遊びで(開町まつり)で1回富山のおじゃまする予定です。ども店にするか、今から楽しみにしています♪

リンクさせていただきました。よろしくお願いします(^^)v

投稿: dendoroubik | 2009年8月29日 (土) 14時56分

>dendoroubik さん

返信遅くなりました、zen_aibaです。
ますのすしシリーズ、ここまで続くとは、やっている本人が一番思っていなかったですw鱒の寿し屋の数、味についてもそうですが、自分の住んでいる富山という県、街を全然理解していなかった証拠ですね。

スーパーにある鱒の寿しもメーカーごと味が違って興味深いものです。いつかは紹介したいと思っております。中には富山名産と謳って福井、石川から出荷されている鱒の寿しもあってびっくりですよ。

ちなみに黄色いメジャーは仕事で愛用していたメジャーです。鱒の寿しシリーズの途中で、仕事用に新しいのを購入して、鱒の寿し専用になったメジャーですw

高岡の開町祭りですね、自分はその週、残念ながら石川出張で富山に不在です。せっかくの大きなイベントなのにいけないのは残念ですが、dendoroubikさんのブログで紹介されるのを楽しみに待っております。

リンク、ありがとうございます。自分もブログシステムを勉強して、dendoroubikさんのブログにリンクを貼れるようにしたいと思います。

投稿: zen_aiba | 2009年8月30日 (日) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/31115283

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ゆうたらますのすしですちゃ  『丸龍庵』 特選 ~ 51/富山県のますのすし :

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 たつや~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 ちゃんこ 蔵前~夏の穴場の鍋屋に行こう »