« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 洋食day’s~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 純手打ちうどん さぬき庵~主役はわかめ!? »

富山ゆうたらますのすしですちゃ  『丸高寿し』 特選 ~ 50/富山県のますのすし 

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー 第50回目です。ついに50回目をむかえました。始めた時は富山に40軒近くの鱒の寿し屋があるなんて思ってもいませんでしたwなお、自分のブログの「富山・ますのすし」のカテゴリーでは富山県内の鱒の寿しのお店や鱒の寿しをご紹介しております。

お盆ですね、お目当てのお店がある方は、事前に予約して購入してください。予約をせずに買おうと思っている方は、富山駅、富山駅前CIC、富山空港、富山県内の高速SA等で鱒の寿しを販売しておりますので、そちらを覗いて見られると良いかもしれません。

さて、記念すべき第50回目は、「丸高寿し」さんの特選鱒の寿しをご紹介します。

H210811_100


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山 鱒のすし 購入

詳しくは続きをどうぞ

「丸高寿し」さんは富山市の水橋に店舗を構えるお店です。以前も書きましたが、なぜここに鱒の寿司屋が、と思うところにあります。

H210811_000

紙の袋にいれてもらえました。特選はレジ袋ではなく紙の袋に入れていただけるような気がします。

H210811_001

こちらが「丸高寿し」さんの鱒の寿し 特選(1700円)です。購入するには前日までに予約が必要のようです。パッケージは通常の鱒の寿し(1300円)と同じものですが、右上のところに特選とかかれたゴールドのシールが貼ってありました。お値段から考えると「丸高寿し」さんの特選は、同じ鱒の良い部分を使った鱒の寿しのようですね。

H210811_002

付属品はナイフ、割り箸、お手拭です。青竹の加工品の挟竹という代物で桶を挟んであります。

H210811_003

蓋の下にはビニールで中蓋が。このビニールに注意書きのあるのは目に停まっていいアイデアですね。

H210811_004

笹皮をめくるとしゃりが見えます。鱒の身が桶の下側に来る「逆さ造り」と呼ばれる製法のようです。

H210811_005

ひっくり返した蓋に鱒の寿しを乗っけます。この方法は駅弁の鱒の寿しの食べ方として紹介されている方法です。サイズは約17cm。富山の鱒の寿しの基準ともいえるサイズです。

H210811_006

この小さなナイフでは笹皮ごと切るのには少し無理があるようで、笹皮をむいてから切ることにします。


H210811_007

ナイフから伝わる手応えからは柔らかい鱒の寿しのようです。

H210811_008

自分が不器用なのか、鱒の身が柔らかすぎるのか、うまく切れませんでした。厚さは24mm、鱒の身は5mm越えの厚みのある鱒です。

H210811_009

しっとりとした生タイプの鱒の身で、脂がじんわりと染み出てきて、口の中でとろける様な、極上の柔らかさです。しゃりの薄めの味付けが、この脂の多い鱒にぴったり合っています。生タイプの好きな人にはお勧めの鱒の寿しですね。しゃりは薄めの味ですが、お醤油などはつけなくても美味しくいただけます。

通常の鱒の寿しの記事はこちら

今回、ご紹介し購入したお店はこちら

丸高寿し

HPはありません。

地方発送は受けたまわっております、詳しくは電話にてご確認ください。

住所 富山市水橋伊勢領88

大きな地図で見る

TEL (076)479ー0052

定休日 基本無休、月1程度の休み有、要確認

営業時間 AM9:00~PM18:00(売り切れ終了)

駐車場はお店の周りのスペースが駐車場になっています。かなり広い敷地なので楽に停められます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 洋食day’s~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 純手打ちうどん さぬき庵~主役はわかめ!? »

コメント

はじめまして。
私は、魚津商工会議所で商店街のお店情報を中心に
ブログを書いています。
先日、所内で行ったますの寿司の食べくらべ記事を書いたところ、大黒屋さんよりコチラを紹介いただきました。

ものすごい数を徹底的にわかりやすく比較されていて
感動しました!
この感動、私のブログで紹介させていただきます。

投稿: まちサポ | 2009年8月12日 (水) 14時21分

>まちサボ さん

初めまして zen_aibaです。
数日前、魚津のますの寿しを食べ比べしておられた記事を富山ブログ村ランキングから、読みに行った記憶があります。あれを読みながら魚津の鱒の寿しはレベルの高いところばかりだなぁ、と思っておりました。

紹介いただきありがとうございます。大変嬉しく思います。しかし、大黒屋寿司店さんにはお世話になりっぱなしです、また、近いうちにご挨拶にお邪魔しないといけないですねw

投稿: zen_aiba | 2009年8月12日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/30921567

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ゆうたらますのすしですちゃ  『丸高寿し』 特選 ~ 50/富山県のますのすし :

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 洋食day’s~ | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 純手打ちうどん さぬき庵~主役はわかめ!? »