« 富山ゆうたらますのすしですちゃ  『紀雅』 特選 ~ 45/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~愛知県に行こう 蒲郡編~ »

ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~繁盛店の理由

無事にボーナスも出たので、有言実行の「大黒屋寿司店」さんにお邪魔してきましたよ。そういえばカウンターのお寿司屋に行くのって、幼少の頃は年に一回か二回、7月、12月、誕生日のいずれかだったなぁ…なるほど、親父のボーナスが出たときに行ってたんだなぁと、しみじみ思います。

これで3回目となる「大黒屋寿司店」さんですが、今回は「大黒屋寿司店」さんとのコメントでのやりとりにもあるように、予約をせずにふらりとお邪魔してきました。

H210710_000


検索用ワード 魚津でお寿司 職人のいるお寿司屋さん 焼き鯖寿し

詳しくは続きでどうぞ お店の住所、定休日の情報も続きにあります

写真は「大黒屋寿司店」さんのカウンターからの一枚です。前回と同じ席に座らせていただいたので、同じような構図になっています。いかり大将がさばいておられるのは「ひらめ」です。

H210710_001

今回も、お任せでお願いいたしました。最初に出てきたのはひらめの刺身。ひらめの濃厚な味が口の中で広がって美味いです。

H210710_002

うなぎのしゃり付き。夏はうなぎですね~、甘辛のタレとうなぎの脂の焼けた香ばしさが食欲を増進してくれますね。

H210710_003

いかソーメンの握り。いかソーメンを海苔に乗せて握る「大黒屋寿司店」さんのお寿司。海苔とイカって意外なほど合うんですよ。下駄皿に大黒屋の文字が…オリジナルのお皿なんでしょうね、こだわりなんでしょうね。


H210710_004

イカの盛り合わせ?頭部、胴体、ゲソとこれでもかってくらいイカが。部位によって微妙に味が違うのも面白い。歯ごたえとか身の厚さ、旨味、部位ごとに色んな味がして、こんなに違うんだと実感しますね。しかも、新鮮で美味い、とろける美味さ、イカってこんなに美味しいんですね。

H210710_005

「大黒寿司店」さんの裏巻きとカニの握り。裏巻きは食べてしばらくして海苔の味が口に広がってくるのが面白い。

H210710_006

まぐろのトロ。言うことないです。美味い。

H210710_007

太巻き寿司。裏巻きを食べた後に食べると、海苔の位置で食感や味が変わるのがわかるのが面白い。食べ方で味ってこんなに変わるのか、と実感できますよ。

H210710_008

なぜかチャーシューwお寿司屋で食べるチャーシューは凄い不思議な感覚でした。あと、チャーシューって大葉と合うんですね。大葉で巻いて食べたら美味しかった。

H210710_009

棒ダラ。甘く煮付けた味がいい。今は亡き祖母の棒ダラを思い出しそうな味でした。

H210710_010

牡蠣。でっかい牡蠣が貝殻を器にして出てきました。富山湾の岩牡蠣は夏が旬です。口の中でとろける美味しさでしたね。

H210710_011

なぜかしゃりだけ。先ほどの牡蠣は身が2等分されていて、一つはそのまま生で、もう一つは口の中でしゃりとあわせて寿司として召し上がってください、とのこと。口の中であわせるのは新感覚の寿司でした。

H210710_012

カニの身が入った味噌汁。この時期のカニなので渡り蟹ですかね。身が一杯詰まっていておいしゅうございました。

H210710_013

甘エビの握りとバイ貝の握りと芽ネギの握り。甘エビとバイ貝は刺身も付いてきました。今日のテーマは寿司と刺身の味の違いについてですね。なるほど勉強になります。

H210710_014

ナスの漬物の握り。不思議な味でした。スイカを甘い赤い部分と皮の部分を少し一緒に食べてしまった時の味がしました。スイカ?と思わず何度も口の中で味を確かめてしまいました。でも、ナスの部分だけだとナスの味で、しゃりを含んで噛み締めるとスイカの味がするんですよ。なんだろう、このナスの漬物。大変、興味をおぼえてしまいました。この日一番の印象のお寿司でした。

H210710_015

鱒の握り。鱒を握りで食べるなんてなぜか奇妙な気がしますw自分だけでしょうねw


H210710_016

鯖の握り。鯖の下にがり、大葉があり、鯖の脂の旨味を引き立てつつも、口の中をすっきりさせてくれるというお寿司でした。

H210710_017

デザートにスイカ。スイカを食べることで先ほどのナスの漬物の握りが、やっぱりスイカの味がしたよなぁと思い出します。それを狙ってスイカを出しているのでしょうか!?

冒頭で書きましたが、ボーナスがでたらお寿司屋さんへ、ではないでしょうが、木曜の夜でしたが、自分達が入ってから、数分の間に何組ものお客さんがおいでになられました。その大人数の注文を滞りなくすべて用意しつつ、合間にカウンターの自分達や常連さんと会話をし、各テーブルの料理の進行具合を見て、待ちのお客さんを作らないよう、大将と女将さん、息子さんが必要最小限の会話で次々と料理を出していきます。まさに阿吽の呼吸。見事としか言いようがない。女将さんのお酒の注文を聞いてくるタイミングも抜群、ちょうどなくなってどうしようかなってタイミングで聞いてこられるので、じゃあもう一杯と頼んでしまう。

居心地の良さってこういう、お店の方々のお客を大切にしようとする姿勢でうまれてくるのだ、と再実感。多くのお客さんが「大黒屋寿司店」さんに来られる理由がわかったような気がしました。

忙しさが一段落ついた後、いかり大将から、昔、納豆巻きを1000本作ったときのお話を聞きました。1000本ってw帰りは嫁と納豆巻き1000本の話題で盛り上がりました。

やっぱり「大黒屋寿司店」さんはいいなぁ。お寿司やお客さんに対する真摯な姿勢が勉強になります。また、美味しさと居心地の良さを求めて、絶対お邪魔させてもらいます。ありがとうございました。

 

H210710_018

予約をしていなかったのですが、お土産に大黒屋寿司を頂きました。朝食としておいしくいただきました。やはりこれがないと「大黒屋寿司店」に行った気がしませんねwこの日のお会計、嫁がビール3杯、食後にアイスコーヒーも頂いて9200円の200円おまけの9000円…こんなにサービスがいいと逆に心苦しいですw

お店情報

大黒屋寿司店

HP http://www.nice-tv.jp/~daikoku/index.shtml

H210429_109

住所 魚津市中央通り2-9-16

大きな地図で見る

TEL (0765)24-2888

定休日 水曜日

営業時間 PM4:30~PM10:00

駐車場はお店前の川の向こう側のスペースにありました。HP25台分とありましたが、25台を停めるときは皆さんのご協力が必要な気がします。。も し停められなければお店の人に聞いてみてください。また、お店付近の道は一方通行が多いです。標識に気をつけて運転してください。

 

|

« 富山ゆうたらますのすしですちゃ  『紀雅』 特選 ~ 45/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~愛知県に行こう 蒲郡編~ »

コメント

こんにちは、
あまちゃイカは剣イカに似ていますが違い
赤いかとも違う。水揚げの少ないイカです。
お味は言われる通り比較になりません。
歯ごたえも甘い感じもなんとも言えません。
イカの中では一番美味しいかと思います。
ナスのお寿司はこれからいろいろ・・・。
今回は水ナスのぬか漬でしたが だし液漬け
塩漬けなどの浅漬けタイプ。がっちり塩漬けも
悪くなく楽しみな寿司だねです。
ほんとうにいつも応援ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
女将が助っ人がご評価をたいへん喜んで
おりました。もちろん初心忘れるべからずの
私も。
今度グルメコース回ってみようかなと話して
おります。
毎度ありがとうございました。

追伸。
焼きブタは本日のまかないでした。
キャリア50年の母の得意な一品。
女将が習いヒガシマルの薄口の生醤油だけで
時間を掛けて、煮ています。
お食べいただきありがとうございました。

投稿: いかい | 2009年7月11日 (土) 09時42分

>いかい 大将

あまちゃイカは初耳です、新しい食材との出会いが嬉しくて楽しくて仕方ありません。美味しいものとの出会いを提供してくださって本当にありがとうございます。いやぁ~イカってあんなに美味しいんですね。

ナスは本当にスイカのような味がして面白美味しかったです。次回はどんなナスが出てくるか。いまから楽しみですw

焼き豚にはそんな秘密が。お店でまかない食がでると常連という感じがして、コメントを読みながら勝手に喜んでしまいました。キャリア50年w深くて素朴なお味でした。

こちらこそ楽しく美味しいひと時をありがとうございました。また、お邪魔させていただきます。

投稿: zen_aiba | 2009年7月12日 (日) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/30488001

この記事へのトラックバック一覧です: ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~繁盛店の理由:

« 富山ゆうたらますのすしですちゃ  『紀雅』 特選 ~ 45/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~愛知県に行こう 蒲郡編~ »