« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~繁盛店の理由 | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 豚しゃぶ豚串 ぶた家~ »

富山から日帰りで行こう ~愛知県に行こう 蒲郡編~

富山から日帰りで行こう 第五回目は愛知県に行ってきました。自分の車のナビの地図は、2007年版で東海北陸道自動車道が開通していない状態なので、空の上を飛んだり、川の上を走ったり、ナビの画面上では道なき道を突き進んでいきますw

富山

流杉PAから北陸、東海北陸、東海環状、東名自動車道と経由して音羽蒲郡IC 293km

音羽蒲郡ICから有料道路オレンジロードで蒲郡市内へ

愛知県蒲郡市 伊藤珈琲
名古屋圏のモーニングを堪能

愛知県蒲郡市 蒲郡オレンジパーク
オレンジパークですが、メロン狩り

愛知県蒲郡市 ラグーナ蒲郡
プール&アウトレット

愛知県蒲郡市 三河雑魚肴房やま六
本場でひつまぶし

愛知県西尾市 松鶴園
抹茶生産量日本一の西尾市で抹茶を堪能

知立バイパスから名古屋高速へ。名神、東海北陸、北陸自動車道経由で流杉PA 290km

富山

愛知県内の移動は下道40km程度

H210712_017_2


せっかく愛知に行くのだから、モーニングを堪能したい、と前日に嫁が言い出したので、急遽検索して、蒲郡市でモーニングサービスをしている喫茶店「伊藤珈琲」さんを出発点に。

H210712_018

H210712_019

上は「今月のモーニングB」セット、下は「今月のモーニングA」セット。AろBの違いはトーストがホットサンドか小倉サンドであるかの違いです。しかし、500円でこの量は、名古屋圏のモーニングは相変わらす凄いなぁ。トーストの中身もぎっちり詰まっていて、食べ応えばっちりです。和洋折中した店舗も素敵でした。

伊藤珈琲

住所 愛知県蒲郡市神明町10-9

TEL (0533)68-1415

定休日 年中無休

営業時間 AM8:30~PM22:00(モーニングはAM10:30まで)


H210712_000

この時期の果物狩りってブルーベリーが旬で、他は桃があるかどうかぐらいしか思いつかなくて、いろいろ検索していたら、この時期、愛知県ではメロン狩りができるとのこと。何箇所か候補があった中で、高速からのアクセスが抜群で、他のリゾート地が近くにあった「蒲郡オレンジパーク」さんへ。

数あるメロン狩りプランから1玉土産+食べ放題プラン3465円を選択。

H210712_001

H210712_002

メロン狩りは、マイクロバスで温室メロン畑へ向かい、これだ!!というメロンを1玉選び、自分で収穫するというものでした。これだ!!というメロンの選び方や、収穫の仕方は事前にレクチャーしてもらえました。網目がはっきりしていて、ずっしり来るメロンがいいそうで、迷ったら重さで決めるといいですよ、とのことだったので、嫁と二人であれこれ迷いながらも、最後は重さで選びましたw

H210712_003

収穫したメロンは箱に詰め、食べ頃と名前を書いて持ち帰ります。メロン狩りのメロンは大体一週間後に食べごろを迎えるようです。それまでの一週間でメロンを美味しくする保存方法をレクチャーしてもらえました。

H210712_005

その後、メロン食べ放題の会場へ移動して1時間メロンの食べ放題を。マスクメロン、イエローキングメロン、タカミメロンの三種が食べ放題です。

H210712_020

H210712_006

「マスクメロンしか見えないlovely」と嫁と二人でマスクメロンを食べまくりですw

H210712_007

普段なら皮の手前までしっかり食べるのですが、食べ放題ということで、食べ方も美味しいとこだけ食べて、次!!という贅沢な食べ方w

H210712_021

マスクメロンの合間に他の2種も頂きましたが、マスクメロンが美味しくて止まらないhappy028分の1のマスクメロンを14、5切れは食べましたよ。メロンは新しいメロンが次々補充されてくるので、新しいマスクメロンはどんな味だろうと、がんがん食べまくりでしたw

最高でした、メロン食べ放題。「来年も連れて来てねheart04」と嫁が絶賛。10月からは有名な蒲郡みかんの食べ放題もあるそうです。メロンや温室みかんの販売所もあり、お土産も充実していて良いところでした。


蒲郡オレンジパークHP  http://www.orepa.jp/

住所 愛知県蒲郡市清田町小栗見1-93

TEL (0533)68-2321

定休日 時期によって異なる(詳しくはHPを参照)

営業時間 AM9:00~PM17:00

メロン狩りは要予約。

H210712_008

メロンでお腹一杯になったところでラグーナ蒲郡に移動。アトラクション&プール、アウトレットショッピングモールやお魚市場といった海鮮館のようなものがある複合リゾート施設です。

プールとアトラクション施設の入館料2600円を払い、さっそくプールへ!!!!今年初めてのプールで、目の保養…もちろん嫁の水着姿で、ですよcoldsweats01いざ!!!!

…………あーdown結論から言うと、ここまで移動してきたなら、1時間程度の移動時間など気にせず、長島スパーランドや名古屋港湾水族館、東山動物園やセントレア空港にでも行けばよかった…

なんという活気のなさ、このご時勢2600円という高い入場料のせいもあるのでしょうが、人が少ない。かといって高級ホテルのプールのような高級感があるわけでもなく、活気のない広いプールって寂しい…夕暮れ時の海岸なら静かなのもいいですが、いやぁ~いたたまれないw天気も30度を越す猛暑なのに、なんだろうこの肌寒い空気…2時間も経たずに出てきちゃったw

アウトレットショッピングモールも富山のファボーレよりもテナント少ないし、お魚市場も氷見フィッシャーマンズワープのような物だし…お客が少ないのでがらがらだし、平日のファボーレのほうが活気がありますよwこれもバブル期の忘れ物といった施設なんでしょうか。

ラグーナ蒲郡

HP http://www.laguna-gamagori.co.jp/index.html

住所や電話番号等はHPを参照にしてください。一言、愛知には他に行くところがあると思います。

H210712_009

予定では3時ごろまでラグーナにいるはずだったのですが、1時半には撤退。当初の予定では来ない事になっていた「三河雑魚肴房やま六」さんへ。蒲郡のグルメで検索して見つけておいたお店です。

お昼の営業は2時まででしたが、1時40分の来店にも快く対応してくださいました。ランチタイム終了というのに店内は満員、2時寸前までお客さんが訪れている人気店でした。

H210712_010_2

愛知にきたので「ひつまぶし」を頂きました。

H210712_011

お昼のランチタイムで、ひつまぶしがなんと1100円。お得です!!富山で食べようと思うとお昼でも2600円するのにwしかも、やはり本場、美味いなぁ~。富山はなんでも有難がって「こしひかり」を使おうとするけど、出汁をかけて食べるお米は、こしひかりじゃないほうがいいような気がします。その辺も考えて作ってあるような気がして本気で美味しかった。

三河雑魚肴房やま六

住所 蒲郡市三谷町十舗47-1

TEL (0533)68-4422

定休日 火曜日

営業時間 AM11:00~PM14:00

       PM17:00~PM21:00

H210712_013

蒲郡市から下道を走って西尾市へ。こちらの西尾市は抹茶の生産量が日本一だそうです。しかし、市内を走っていると普通の街で、イメージしていた一面の茶畑は見当たりませんでした。抹茶の工場も見学できるという「松鶴園」さんへ。

残念ながら店内は撮影禁止でした。

本格的な抹茶も味わえるという店内のカフェスペース「茶遊」へ、茶室で作法にのっとり、と本格的ではなく、イスに座って気軽に本格的な抹茶が味わえるのがいいですね。せっかくなので全国品協会入賞抹茶 瑞境(和菓子付き一杯950円)を頂いてみました。……本格的すぎるw嫁も自分もすかさず追加で抹茶パフェと「西尾城」なる抹茶かき氷を頼みましたcoldsweats01

パフェやかき氷の抹茶なら美味しく感じたのですが、本格的な抹茶の味を理解するにはまだ修練が必要ですねcoldsweats01

松鶴園

HP http://www.syoukakuen.com/

住所    愛知県西尾市上町南荒子50-2
TEL    (0563)54-3300
定休日   水曜日
営業時間 AM10:00~PM19:00

カフェのオーダーストップはPM18:00、工場見学は10名以上要予約です。詳しくはHPでご確認ください。  



帰りは名古屋高速で一宮ICまで行ったのですが、名古屋高速の利用料1100円が、とっても高く感じましたw

H210712_015

H210712_016

東海北陸自動車道川島PAで駐車して川島ハイウェイオアシスで「メロンパン」を購入してから帰路に着いたのですが、川島ハイウェイオアシスのほうが、ラグーナ蒲郡より人が多く活気がありましたよ。

|

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~繁盛店の理由 | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 豚しゃぶ豚串 ぶた家~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/30515579

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~愛知県に行こう 蒲郡編~:

« ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~繁盛店の理由 | トップページ | ブログゆうたらグルメですちゃ ~富山グルメ紀行 豚しゃぶ豚串 ぶた家~ »