« 富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 包み鱒 ~ 42/富山県のますのすし ~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~嫁のお気に入り »

富山といえばますのすしでしょう  『竹勘』 特選 ~ 43/富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第43回目です。43回も鱒の寿しについて紹介する何て1回目の頃は想像もしていませんでしたw

さて、現在、紹介している特選シリーズですが、お店によって特選でも意味合いが違うようです。まずは部位の差を特選とするお店、これは「大黒寿司店」さんのいかり大将さんから教えていただいたのですが、本来、一本の魚でも部位によっては脂の乗りが違い味に差がでます。その脂の良く乗った部位をふんだんに使った鱒の寿しを特選とするお店があります。

そして、鱒そのものが違う鱒、たとえば、輸入した鱒ではなく、国産のサクラマスを使う鱒の寿しを特選とするお店があります。今回、ご紹介する「竹勘」さんは後者の特選タイプの鱒の寿しのようです。

H210702_000


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

写真は今回鱒の寿しを購入した「竹勘」さんの営業する越中富山海鮮市場と味処海楽館です。鱒の寿しだけではなく富山の海産物も売っていたりします。前回とは違う入り口を写真に撮ってきました。

H210702_001

今回もこちらの紙袋でした。

H210702_002

こちらが「竹勘」さんの特選鱒のすし1800円です。通常の鱒のすし(一重)は1300円でその値段の差は500円です。化粧箱のパッケージもかなり豪華に感じます。左下の本ます使用の文字が輝いて見えます(いろんな意味で)。こちらは販売店で販売しておりました。一応予約無しでも販売はしているようですが、昼に買いに行った時点で最後の一つでしたので、やはり「特選」シリーズは販売数が少ないようなので、予約をして買いに行かれたほうが無難だと思います。

H210702_003

シンプルな桶と押し棒です。40数個鱒の寿しを食べてきましたが、押し棒のところのゴムの留め方が、いろいろ違いますね。交差していたり2重にしていたりと、この留め方にもこだわりがきっとあるんでしょうね。

H210702_004

付属品は通常のものと同じく、割り箸、お手拭、プラスチックナイフでした。

H210702_005

「特選」鱒のすしも、鱒の身が上に来るタイプの製法のようです。

H210702_006

蓋をひっくり返して取り出した鱒のすしを乗っけます。鱒のすしは皿がなくても切り分けられるのがいいですね。サイズも通常のものと同じ17cm。量の多さで「特選」にはならないみたいですね、量の違いは二重という種類がありますからね。

H210702_007

40数回やってきて、笹皮を一度剥いてしまってから切ると、笹皮がほつれるので切りにくいということだけは理解しましたw

H210702_008

「竹勘」さんの鱒のすしは笹皮を剥いた瞬間の、笹の香りがすごいです。笹ぁ~って感じで匂いが立ち込めます。ナイフに伝わる手ごたえから、鱒の身もしゃりも固めだということが伝わってきます。

H210702_009

厚さは24mm、鱒は3mm前後ですが、押され方が半端なく、サラミのような食感になっています。

H210702_010

しゃりの押され方もすごく、ものすごいずっしりとした感じですね。食べ応えがすごいあります。味は濃い目ですね、鱒の塩味もしゃりの酢具合も全体的に濃い味付けがしますね。鱒の身がサラミのような食感が独特です。

「竹勘」さんの通常鱒のすし(一重)の記事はこちら

今回ご紹介したお店はこちら

株式会社 竹勘

HP http://www.takekan.net/index.html
ネット通販あり

住所    富山市掛尾町256-1
TEL    (076)495-2505(代)

FAX    (076)495-2502

購入した海鮮市場の住所はこちら

住所    富山掛尾町351-2


大きな地図で見る

TEL    (076)492-8888
定休日   年中無休
営業時間 AM8:00~PM20:00

海鮮市場さんは裏手に観光バスも停まれる大きな駐車場があります。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« 富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 包み鱒 ~ 42/富山県のますのすし ~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~嫁のお気に入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/30378240

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『竹勘』 特選 ~ 43/富山県のますのすし ~:

« 富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 包み鱒 ~ 42/富山県のますのすし ~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~嫁のお気に入り »