« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 8番らーめん 中川原店~勝手に応援キャンペーン | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 田舎cafe kuu~ »

富山から日帰りで行こう ~山梨県でヨーゼフに会おう~

こちらのコーナーも少し手直しして、富山から車で日帰りでいける所を紹介する感じで記事にしていこうと思います。しばらくは思考錯誤が続くと思いますが、お付き合いくだされば幸いです。

6月はさくらんぼ狩りの季節です。今回は山梨県南アルプス市のくぬぎ農園さんにさくらんぼ狩りをするコースで組んでみました。

ルート的には富山から41号を高山方面、神岡で471号線にで阿房トンネルを目ざし、トンネルを抜けて158号線で松本ICへ向かい、長野自動車道(高速)上りに乗り、岡谷JCTで中央道自動車道(高速)山梨、東京方面へ、双葉JCTで中部横断自動車道(高速)で白根ICに向かいます。

松本ICまで下道ルートには、道の駅神岡、道の駅上宝、阿房トンネル入り口、風穴の里(道の駅)と道路沿いに大駐車場つきトイレ休憩ポイントがいくつもあるので安心です。

下道130~140km高速95kmと合計240kmくらいです。ただし、トンネル料金750円、高速料金(ETC割引)1000円の合計1750円です。高速で富山ICから白根ICまで350km、高速でETC割引1000円なら高速のほうが楽かもしれません。

富士急ハイランドへ富山から日帰りする際は上記の下道で松本IC 松本ICから甲府南ICで降りて上九一色村を抜け河口湖を目指したほうが距離的に随分短いです。高速1000円なら河口湖まで高速で行ったほうが気分的に楽ですがw

朝6時20分に富山を出発しました。

詳しくは続きをどうぞ

AM10時25分 山梨県南アルプス市「くぬぎ農園」さんに到着です。しかし、山梨はフルーツ王国ですね、白根ICを降りてから、こちらまでの道中にすごい数のさくらんぼ農園がありました。

H210607_000_2


さて、今回、自分がくぬぎ農園さんを選んだのは、ネットで予約が出来るという便利さが決め手になりました。

くぬぎ農園 http://www5a.biglobe.ne.jp/~k_nouen/

HPの予約のフォームに記入して送信するだけです。すると登録したアドレスに予約受付の返信のメールが届きます。

H210607_001

大人2000円、子供(3歳から6歳)1000円で40分食べ放題です。さくらんぼの種類は日によって高砂だったり、佐藤錦だったりします。佐藤錦じゃなきゃ嫌だ!という人は他のところを探したほうが無難ですかね。

この日は運よく、高砂と佐藤錦が開放エリアで食べ放題でした。

H210607_002_2

さくらんぼ狩りは基本、荷物の持ち込みは禁止です。ウエットティッシュ、ハンカチ等の手を拭くもの、貴重品以外は車に置いてきたほうが無難です。あと、ビニールハウスでのさくらんぼ狩りですので、雨でも大丈夫ですが、地面は土なので、履物は注意をしたほうが良いですね。あと、男性は脚立に乗ることを考慮して動きやすく、枝等にひっかりにくい格好をすることをお勧めします。手の届く下のほうは激戦区なので、美味しい木の下の部分は少なくなっていることが多いです。高所のさくらんぼをかっこよく狩って高感度アップを狙いましょうw

もぎかたは農園によって若干違いますので、農園の方の説明を聞いて丁寧にもいでください。

aiba家流のさくらんぼ狩り戦法は、案内されたエリアの木のさくらんぼを、まずひとつずつ食べてみて、エリア内で一番美味しかった木のさくらんぼを集中して食べます。木の上下で味はそんなに変わらないので、美味しい木の実はどの部分の実も美味しいからです。

この日もエリア内の一番美味しい木を見つけて、その木を食べつくす勢いで食べまくりでしたw

H210607_003

40分だと2人でこれくらいは食べれますよ。あと、どの農園も時間は自己申告制なのでアラームなどで終了時間をわかるようにしましょう。場所によっては追加料金を取られたという話も聞いたことがあります。

 

H210607_004

くぬぎ農園さんで予約をすると特典としてお土産のさくらんぼがもらえます。これは双子のさくらんぼを集めたお土産さくらんぼです。

H210607_006

AM11:30 山梨県南アルプス市桃園591 菓子処 清月さん南アルプス本店にてお土産用のロールケーキを購入。あんみつとかも美味しそうでした。

H210607_007

PM12:15 山梨県甲斐市龍地3296-3 モネの台所

H210607_008

ネットで見たキッシュが大変美味しそうだったので食べてみました。美味い!!ランチセットで焼きたてのパン、スープ、パスタ、デザート、ドリンクとキッシュのセットでしたが、どれも美味しい。カボチャのスープ、サーモンのクリームパスタ、キッシュは癖になりそうなくらい美味しかったです。

すごい居心地の良いお店でしたので、嫁と話をしながら1時間半ほど長居してしまいました。いいお店でした、また、行きたいですね。

H210607_009

PM 14:20 山梨県北杜市明野町浅尾2471 山梨県フラワーパーク ハイジの村

あのテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」をコンセプトにしたフラワーパークで、入場料は高校生以上一人500円、小中学生250円です。パークのあちらこちらで聞こえるヨーデルがアルプス風味をかもし出していています。

H210607_010

H210607_011

フラワーパークなので、今の時期はバラが見ごろでした。230mもあるバラの回廊は圧巻です。

子供向けの遊具もあり、お子様連れの家族客で賑わっていました。

H210607_012

ハイジのアルムの山小屋を再現されています。

そして、ハイジといえば

H210607_013

ゆきちゃんに

H210607_014

ヨーゼフでしょう!ヨーゼフにあえて大満足でした。いいなぁ、。ハイジの村、しかし、ハイジを見てないとこの感動は薄れるかもしれませんね、嫁も自分も再放送ですが、子供の時代に見ていたので、ヨーゼフにちょっと感動。

土産どころでハイジの白パンが売っていたので、記念に購入。しょっぱいですが、ヨーデルを口ずさみながら食べると懐かしい思いがしましたw

富山から山梨へ

美味しいさくらんぼとヨーゼフに会いに行きませんか?

|

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 8番らーめん 中川原店~勝手に応援キャンペーン | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 田舎cafe kuu~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29995139

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~山梨県でヨーゼフに会おう~:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
南アルプス市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 09時22分

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 8番らーめん 中川原店~勝手に応援キャンペーン | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 田舎cafe kuu~ »