« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 インド料理 SANTOSHI~ | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~群馬へ行こう うどんとさくらんぼとサファリ~ »

富山といえばますのすしでしょう  aiba嫁のベストオブ鱒の寿し /富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿しを紹介するコーナーです。現在確認されている39軒もの鱒の寿し販売店を食べきり、その中で嫁がどうしてもこれがもう一度食べたいと言った鱒の寿しを紹介します。

詳しくは続きで そのお店の情報も続きにあります

さて、栄えあるaiba嫁のベストオブ鱒の寿しは

H210619_000

こちら!!扇一鱒の寿し本舗さんの鱒の寿し(一重)1300円です。

そのときの記事はこちら

H210619_001

こちらの鱒の寿しは、板前暦30年の料理人で神通川の川漁師であられるご主人、笠井良一さんが、丹精こめて一つ一つ手造りで製造されました一品です。

H210619_002

扇一さんの鱒の寿しの特長は何と言ってもこの鱒の生っぷり。鱒の刺身?と思うほどの生の身がこれでもか、とのっている鱒の寿しです。

H210619_003

見てください、この素晴らしい鱒を。押し寿司である鱒の寿しを良く見てきたので、この生っぷりが格別珍しく感じましたねぇ~。しゃりの鱒を引きたてるほのかな酢の感じもまたいいですね。

H210619_004

そして、この身の厚さ!!鱒の身の厚さは断トツでトップです!!

H210619_005

今回はこちらのお醤油も用意しました。下田温泉さんの鱒鮨でおそらく使われていたと思われる、霊水入醤油あなん谷(たん)。みたてどおり、あなん谷醤油が扇一さんの鱒の身によくあう!!扇一さんの鱒の寿しを一番と言う嫁の気持ちもよくわかります。確かにこの組み合わせは美味すぎです。

扇一ます寿し本舗

HP、ネット通販はありません。店頭にて直接申し込めば地方発送は可能です。電話での地方発送も可能のようです。お店にご確認ください。

住所  富山市東田地方町1-3-19

大きな地図で見る

TEL  (076)442-0345

定休日 年中無休

営業時間 AM8:00~PM2:00 PM17:00~PM19:00

駐車場はありません。お店の前は自転車専用レーンとなっており車の走行、駐車ともに禁止区域となっています。お近くの駐車場をご利用ください。基本的に受注生産制です、お電話で予約をしてから、ご購入お願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 インド料理 SANTOSHI~ | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~群馬へ行こう うどんとさくらんぼとサファリ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/30178989

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  aiba嫁のベストオブ鱒の寿し /富山県のますのすし ~:

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 インド料理 SANTOSHI~ | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~群馬へ行こう うどんとさくらんぼとサファリ~ »