« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 函館 いくら食堂 高屋敷店~裏切りの塩つけ麺 | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 クローバーズ・カフェ~ »

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~有言実行

予定では鱒の寿しマラソンが完走しているはずだったので、マラソン中どうしても食べたいと思った大黒寿しを食べるべく「大黒屋寿司店」さんに予約をお願いしました。

女将さんが自分のことと前回のことを覚えていてくださったので「今度はカウンターをお取りしておきますね」と、カウンターで頂きたいと記事に書いたのを目を通してくださって覚えていてくださるなんて、嬉しいやら恥ずかしいやらで、電話をしながら顔がにやけてしまいました。

H210530_000_2

検索用ワード 魚津でお寿司 職人のいるお寿司屋さん 焼き鯖寿し

詳しくは続きでどうぞ お店の住所、定休日の情報も続きにあります

写真は大黒屋寿司店さんのカウンター席です。女将さんの言葉通り、本当にカウンター、それもど真ん中に席が用意されていました。ありがとうございます。

H210530_001_4

H210530_002_3

本日もいかい大将に、お勧めで、とお願いしました。最初にいただいたのが、左のふぐ盛りです。目の前で生きているふぐを捌いていただいて、出していただきました。お寿司屋さんのカウンターはこうした業も見れるのがやはりいいですよね。

右はふぐの握り。こりっとしていながら、もちもちとした食感、ふぐはやはり美味しいですね。そして、嫁も自分も大黒屋寿司店さんのガリが好きです。この日も一杯頂きました。

H210530_004_4

H210530_006_3

左はホタルイカ明太の握り。今年最後となるであろうホタルイカ。ホタルイカと明太がここまで相性がいいとは、「大黒寿司屋」さんに来て初めて教えていただきました。この味が来年まで食べられないのは残念です。

右は鱒とさばの寿司です。

H210530_027

ここで、さばの寿し、鱒の寿しの作り方、部位のよる味の違いを教えていただきました。鯖の胸の部位と尾の部位の握りを握っていただきました。胸の部位と尾の部位では脂の量が違い味に差があります。同時に食べないとはっきりとした差は感じませんが確かに差がありました。鱒の寿しに特選等の差があるのは部位の差がなんですね。勉強になりました。

また、「大黒寿司屋」さんが鱒の寿司を手割になさっているのは、食べやすいという利点もありますが、部位による味の差を均等にして、お客さんによって当たりはずれをなくすためというお客様側の視点に立ったからこそ手割という方法にいきついたということを教えていただきました。

>でもまだまだかけだし今一歩でございます。
>初心忘るべからず。
>これで良いと思うな!
>まだ何か喜ばれることはないか考えよう。
>の精神で一所懸命頑張っております。

これは前回、「大黒屋寿司店」さんの記事をUPしたさい、いかい大将がコメントとして寄せて下さった文の抜粋です。このいかい大将の姿勢に「大黒屋寿司店」さんの美味しさ、居心地の良さの秘密をみたような気がします。

H210530_008_3

H210530_009_2

 

左は煮アナゴを海苔で巻いたお寿司、右は同じ煮アナゴの下にしその葉をひいたお寿司です。同じネタでも味わい方をかえることで違う味が楽しめるということを教えていただきました。

H210530_010_2

H210530_011

H210530_007_4

H210530_012

ぞくぞくとテンポよく握りが出されていきます。右下はふぐの昆布〆です、昆布〆にまつわるエピソードもお話してくださいました。このエピソードは、是非、いかい大将からお聞きください。そして、ふぐの昆布〆をお土産に頂きましてありがとうございました、翌日、美味しくいただきました。

H210530_013

H210530_014

H210530_015

H210530_016

左上はいかソーメンを海苔に乗っけて握るという始めてみるお寿司でした。右上は脂の乗ったかじきまぐろ、左下はうに、いか、いくらの海苔巻きというこれまた、初めて見るお寿司です。右下はいかあぶりのタレと塩の食べ比べ握り。

H210530_017

H210530_018

H210530_019_2

H210530_020

左上は梅いかの海苔巻き、右上はかんぴょうのわさび巻き、懐かしい、以前通っていた「花かご」の大将もこの海苔巻きを勧めてくださいました。甘いかんぴょうにわさびがよくあうのです。握りの続く間、女将さんがお茶のお代わりや、嫁のビールのお代わりなどを抜群のタイミングで勧めてくださいました。また、大将、女将さん、息子さんの息もぴったりで、団体客の宴会も滞らせることもなく、お店のお客さんに楽しく美味しい雰囲気を常に提供なされておりました。お酒の飲めない自分ですが、この雰囲気にほろ酔い気分になりそうです。常連さんが多いのもわかる気がいたします。

H210530_022_2

H210530_023_3

 

お吸い物とデザートのすいか。

H210530_024

珈琲とかりんとうで〆でした。これと大黒寿しの土産を購入して11300円です。女将さんにレジで安いですね、とまた、いってしまいました。

最後に、息子さんと同じような年の、大将からみれば若造の自分に真摯にお話をしてくださいました、いかい大将に感謝をいたします。

食べ物の味とはその素材だけではなく、その食べ物に携わる人々の想いが味を決めているのだなぁ、と改めて染み入る日でした。いかい大将、女将さん、大変有意義な一日でした。ありがとうございました。また、必ずお邪魔します。

お店情報

大黒屋寿司店

HP http://www.nice-tv.jp/~daikoku/index.shtml

H210429_109

住所 魚津市中央通り2-9-16

大きな地図で見る

TEL (0765)24-2888

定休日 水曜日

営業時間 PM4:30~PM10:00

駐車場はお店前の川の向こう側のスペースにありました。HP25台分とありましたが、25台を停めるときは皆さんのご協力が必要な気がします。。もし停められなければお店の人に聞いてみてください。また、お店付近の道は一方通行が多いです。標識に気をつけて運転してください。

 

|

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 函館 いくら食堂 高屋敷店~裏切りの塩つけ麺 | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 クローバーズ・カフェ~ »

コメント

毎度ありがとうございました。

お電話が有ったとき大変うれしかったです。
女将も来たよ来たよと予約を喜んでいました。

もう一歩の課題は
バラエティーにタネの品揃え 品質 プライス。
めげない。我慢。やり抜く。一致団結。
女将助っ人の最強チームでファイト・・。

ご評価を ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
大黒屋寿司店

投稿: 大黒屋寿司店 | 2009年5月31日 (日) 12時24分

>大黒屋寿司店 様

コメントありがとうございます。

まさか、女将さんに覚えていただいてもらっているとは、自分も嬉しくて感動しました。

常により良いものをお客様に提供しようという心構え、大変勉強になりました。自分も仕事でその姿勢を今一度見直して、これからも頑張っていこうと思います。

かならずまた、お邪魔させていただきます。ありがとうございました。

投稿: zen_aiba | 2009年5月31日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29872163

この記事へのトラックバック一覧です: ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 大黒屋寿司店~有言実行:

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 函館 いくら食堂 高屋敷店~裏切りの塩つけ麺 | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 クローバーズ・カフェ~ »