« 富山といえばますのすしでしょう  『前留』 ~ 23/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『寿々屋』 ~ 24/富山県のますのすし ~ »

富山から日帰りで行こう ~山梨県へ行こう~

朝6時に富山を出発して、41号線で岐阜に向かい、神岡で471号から奥飛騨温泉郷を抜け、阿房トンネルを抜け158号線で長野に入り、松本ICから高速に乗り、山梨県長坂ICで降り、第一目的地の道の駅南きよさとに着いたのは9時半前でした。途中2回トイレ休憩などを入れたので、実質3時間ほどで山梨県へ。天気が良かったので長坂ICから富士山の雄姿が拝めました。

上記のコースで行けば、富士急ハイランドや富士サファリパークも十分日帰り可能なコース。富山ICから松本ICまで、実は下道で行けば130kmぐらい、ところが北陸道から信州道の高速で行くと260kmと倍くらいかかってしまうのです。

山梨県へ日帰りで遊びに行った時の記事になります。

H210510_300

道の駅南きよさとは鯉のぼりの郷として知られているようです。

H210510_301

何百もの鯉のぼりが空を舞う姿はなかなかに圧巻。空気も澄んでいて、菜の花畑もあり、植物公園も併設されており、なかなかにいいところでした。が、

H210510_302_2

……ヤフーのGW特集でシバザクラの名所として特集されていたはずなんですが……菜の花畑しかありませんよ?どこにもシバザクラのシの字もないのですが…これは?

H210510_304

気を取り直して、清里萌木の村に移動。

H210510_303

萌木の村ホール・オフ・ホールズ オルゴール館に。30分後とに演奏会があり中央の巨大な世界に一台しかないオルゴールも実演してくれました。なぜか、演奏時は撮影禁止でした。

H210510_305

その後清里へ移動。

H210510_306

高原にきましたが、せっかくなので山梨名物ほうとうをいただきました。

H210510_315

「せっかくだからほうとう食べよう」と山梨にきてから言っていた嫁の裏切りの天ざるそばw外は27度もあるんですよ、ほうとうは厳しかったですよcoldsweats01

H210510_310

ヤフーのGW特集にのっていた「プレ・ド・オール」さんでパンを購入。

H210510_311

ハイジの白パンと食パン。ハイジの白パン、しょっぱいですと書いてありましたが、ほんとに塩味が効いていてしょっぱいcoldsweats01でも、柔らかくて美味しかったです。

H210510_307_2

その後は、牧場行って

H210510_308

清里名物、清泉寮のソフトクリームを頂きました。んー濃厚で冷たくて美味しいhappy02

H210510_309_2

その後は八ヶ岳リゾートアウトレットへ。ほんとに森の中にアウトレットモールが。

H210510_316

ほんと森の中、駐車場からモールへと続く道はこんな感じで、最初、本当にあるの?って嫁と二人で思いました。

5月9日はこんな感じでデートしてきました。GWが終わった後だからでしょうか、どこも人が少なかったですね。道もすいてました。シバザクラは見れませんでしたが、清里はのんびり出来ていいところでした。

 

|

« 富山といえばますのすしでしょう  『前留』 ~ 23/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『寿々屋』 ~ 24/富山県のますのすし ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29544840

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~山梨県へ行こう~:

« 富山といえばますのすしでしょう  『前留』 ~ 23/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『寿々屋』 ~ 24/富山県のますのすし ~ »