« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~嫁’s バースデー | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『株式会社 蜃気楼』 ~ 番外編/富山県のますのすし  »

富山といえばますのすしでしょう  『扇一ます寿し本舗』 ~ 25/富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第25回目です。そろそろ気軽に買いにいける距離にあるお店が少なくなってきました。

夏場は食べる30分前に冷蔵庫に入れて食べると良いらしい。5月とは思えない熱さの日がありますので、保存の仕方、食べ方に注意して食しおります。

さて、今回は富山市東田地方町(ひがしでんぢがたまち)に店舗を構える「扇一(おぎいち)ます寿し本舗」さんの鱒の寿しをご紹介します。

H210512_000

検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

 

写真は「扇一」さんの店舗の写真です。看板がなければお店とは思えない普通の佇まいでした。

H210512_001

無地のレジ袋。

H210512_002

「扇一鱒の寿し本舗」さんの鱒の寿し(一重)1300円です。このほかに二重があるようです。

H210512_003

付属品はお手拭に割り箸。挟竹には加工した竹が使われています。

H210512_004

蓋を開けるとビニールの中蓋が。

H210512_005

鱒の身が上に来る正位置のようです。しかし、桶との間に隙間が結構あります。

H210512_006

ひっくり返した蓋に鱒の寿しを乗っけます。直径は15cm、かなり小さめの鱒の寿しです。しかし、重さはずっしりと手に来ました。

H210512_007

笹皮は綺麗に切れるのですが、鱒が柔らかくて切りにくく感じます。この段階で生タイプの鱒の寿しであるとわかってくるようになりましたw

H210512_008

撮影用に笹皮を剥いてみると、見事に生タイプの鱒。ピンクやオレンジといった色ではなく赤く感じます。

H210512_009

厚さは25mmありますが、鱒の身が10mmを越える箇所も多数ありました。なんという鱒の身の厚さ。

H210512_010

むっちゃ生です。刺身がそのまま乗っているといってもいいかもしれないくらい生です。シャリよりも身が厚いところさえあります。美味しい刺身を食べているという気すらしてきます。でも、鱒の身が美味い、シャリも酢の味が程よいので美味しく感じますが、なんといっても生タイプ、鱒のお寿司ですね、完全に。お醤油をつけて食べるとより一層美味しかったです。お寿司が好きな人には超お勧めです。

今回、ご紹介して購入したお店はこちら

扇一ます寿し本舗

HP、ネット通販はありません。店頭にて直接申し込めば地方発送は可能です。電話での地方発送も可能のようです。お店にご確認ください。

住所  富山市東田地方町1-3-19

大きな地図で見る

TEL  (076)442-0345

定休日 年中無休

営業時間 AM8:00~PM2:00 PM17:00~PM19:00

駐車場はありません。お店の前は自転車専用レーンとなっており車の走行、駐車ともに禁止区域となっています。お近くの駐車場をご利用ください。基本的に受注生産制です、お電話で予約をしてから、ご購入お願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~嫁’s バースデー | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『株式会社 蜃気楼』 ~ 番外編/富山県のますのすし  »

コメント

ありがとうございます!

ますの寿司の、身が厚いものをネットで検索していたところ、こちらのブログにたどり着きました。
東京にも発送可能との旨を電話で確認しまして、先日とうとう目の前にすることができました。
ますの厚さに、思わず大笑い!
生系のますの寿司好きなので、とってもおいしくいただきました。
見た目のインパクトだけではない、食べて幸せいっぱいになるますの寿司でした。
こちらのブログでの丁寧なご紹介のおかげです。感謝いたします。

投稿: aki | 2009年12月15日 (火) 22時02分

>aki さん

初めまして
自分の鱒の寿しの記事が
akiさんのお役に立てて良かったです。

記事を読んでいただき
実際に御取り寄せいただいて
感想を書き込んでいただきまして
こちらこそ感謝いたします。

投稿: zen_aiba | 2009年12月16日 (水) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29547542

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『扇一ます寿し本舗』 ~ 25/富山県のますのすし ~:

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~嫁’s バースデー | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『株式会社 蜃気楼』 ~ 番外編/富山県のますのすし  »