« 富山といえばますのすしでしょう  『なみき鱒寿し店』 ~ 21/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『前留』 ~ 23/富山県のますのすし ~ »

富山といえばますのすしでしょう  『高田屋』 ~ 22/富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第22回目です。富山に工場があるのに、富山では販売していない、通販でしか手に入らない鱒の寿しがあったりして、心が折れそうになります。

鱒の寿しの賞味期限は冬場でも3日、夏場なら翌日ぐらいが目安です。長持ちさせようと冷蔵庫に入れるとシャリが硬くなり、本来の味を損ねる危険性があります。購入時にお店の方に保存方法を聞いてみてください。必ず教えてくださいます。

さて、今回は富山市丸の内に店舗を構える「高田屋」さんの鱒の寿しをご紹介いたします。

H210509_000


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

写真は「高田屋」さんの店舗の写真です。富山市丸の内周辺は鱒の寿し激戦区で、この周囲に高田屋さんを含め4件のお店があります。以前、上司に教えていただいたのれんわけして出来たお店なのでしょうか?

H210509_001

「高田屋」さんのレジ袋です。

H210509_002

「高田屋」さんの鱒の寿し(一重)1300円です。このほかにも二重があるようでした。

H210509_003

付属品は割り箸、お手拭に鱒寿しの栞。

H210509_004

挟竹が細いです。この竹にも各店の業があったりするのでしょうか?

H210509_005

あれ?蓋を空けてみましたが、ナイフが付属されておりません。中蓋の下にもない様子…これは入れ忘れなのか、最初から付属していないのか…

H210509_011

「高田屋」さんは鱒の身が上に来るタイプの鱒の寿しです。しかし、下に来る鱒の寿しを逆さ造りと呼ぶのですが、このタイプは順作りとでも呼ぶのでしょうか?

H210509_006

ひっくり返した蓋に、取り出した鱒の寿しをおきます。直径は17cm、基準タイプの大きさです。少し柔らか目の鱒の寿しのようです。持ち上げたときシャリが重みで曲がるような感触を感じました。

H210509_007

「高田屋」さんの鱒の寿しにはナイフが付属しておりませんでしたが、我が家には鱒の寿しのナイフが山のようにあるので、それを利用して切ってみました。柔らかい鱒の寿しで、笹皮ごと切るのは難しいですね。

H210509_008

笹皮を剥いてから切ることにします。ピンクとオレンジの中間、しかし、鱒もしゃりも柔らかいです。みずみずしい鱒の表面です。

H210509_009

厚みは22mm、柔らかい生タイプの感じがする鱒ですが、鱒の身は薄めです。シャリ自体も柔らかめに炊いてあって、押しもそんなに強くはないようで、崩れるというわけではなかったですが、ほぐれやすい感じでした。

H210509_010

鱒の身の生っぽさと薄い塩味の風味がいい塩梅です。シャリも酢が効いていて、お醤油とかがなくても、上品な味付けで美味しくいただけました。

今回、ご紹介し購入してきたお店はこちら

高田屋

HPや通信販売はないようです。

住所 富山市丸の内1-1-13

大きな地図で見る

TEL (076)432-4774

定休日 年中無休

営業時間 AM7:00~PM17:00

駐車場はないのですが、お店の方に確認しましたところ、お店の前に車を寄せてくださいとのことです。軒先は整備された駐車場ではないですが、駐車スペースとしてご利用くださいとのことです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« 富山といえばますのすしでしょう  『なみき鱒寿し店』 ~ 21/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『前留』 ~ 23/富山県のますのすし ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29475257

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『高田屋』 ~ 22/富山県のますのすし ~:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 09時58分

« 富山といえばますのすしでしょう  『なみき鱒寿し店』 ~ 21/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『前留』 ~ 23/富山県のますのすし ~ »