« 4月25日のデートコース 2009年砺波チューリップフェア | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『味の山正』 ~ 8/富山県のますのすし ~ »

富山といえばますのすしでしょう  『青山総本舗』 ~ 7/富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第七回目です。最近、朝、会社に行く前に鱒の寿し屋によるという生活が続いていますwそして、嫁からいきなり黄金伝説の1ヶ月鱒寿しを食べて生活みたいな伝説でも作る気なの?とそろそろ冷たい目がw

今回は少し思い出のある「青山総本舗」さんです。富山大学に入学した時に祖父から「駅前の鱒寿しの美味い店は青山、鯖寿しが美味い店は…」と教えられたんですが、この鯖寿しのお店を失念した上に、入学してしばらくして買いに行ったときに「鯖寿しが美味い店は鱒寿しの青山」というごっちゃになった覚えた方をしていて、「青山総本舗」さんに行き「鯖寿しをください」「うちは鯖寿しをやっていません」とお店の人にあきれられた記憶があります…あの時はすいませんでした、「青山総本舗」さん。

では富山市新富町に店舗を構える「青山総本舗」さんの鱒乃寿しをご紹介します。

H210425_110

検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

 

写真は今回鱒乃寿しを購入した「青山総本舗」さんの店舗です。「青山総本舗」さんでは鱒の寿しは鱒乃寿しと表記されていますので、今回は鱒乃寿しという表記を使っています。朝8時前に買いに行っています。それでも残り数個しかなかったようで、確実に手に入れたい場合は予約したほうが安全です。

H210425_111

「青山総本舗」さんでもらったレジ袋。なにやら組合の袋のようです。

H210425_112

こちらが「青山総本舗」さんの鱒乃寿し(一重)1300円です。青山総本舗さんは二重はありましたが、予約限定の特選のようなものは見受けられませんでした。

H210425_113

曲物(まげもの)を青竹でしっかりとはさんでいました。付属品は割り箸、お手拭、そして「紀雅」さんでも見たごっついプラスチックナイフです。

H210425_114

蓋の文字がかっこいいですね。

H210425_115

蓋をあけるとビニール蓋があって注意書きがはっきりと書かれていました。自分のようなマニュアルを読まない人間でもこれなら読みますね。

H210425_116

注意書きを読んで、逆位置だとわかったのですが、確認のため笹皮をめくってみました。シャリが見える逆位置です。笹の香りが鼻に心地良いですね。

H210425_117

ひっくり返した蓋に、これまたひっくり返した鱒乃寿しを起きます。段々、この動作が手馴れてきている自分がいますw直径は17cm~18cm。現在の基準直径の18cm型の鱒乃寿しのようです。

H210425_118

「青山総本舗」さんの鱒乃寿しも形がしっかり整っていて、その上大きなナイフなのでざっくりと切っていけます。

H210425_119

厚さは2cm、鱒の厚さは5mm前後。全体の厚さでみると鱒の厚さの比重が高いようです。しかし、切り口を見ていただけるとわかるように鱒やシャリの厚さにばらつきが少ないです。職人のなせる業でしょうか。

H210425_120

笹皮ごと切るのは若干、笹がひっかかる感じがしましたので剥いて切ることにしました。薄いピンクの鱒が目に鮮やかです。

H210425_121

シャリはしっかり味のついた酢飯、お醤油などなくても美味しくいただけますね。鱒もしっかり〆られて押し寿司タイプの鱒ですね。鱒も風味がすごく、味も口の中に広がる美味しい鱒です。これも大変美味しい鱒乃寿しです。また、笹が若干切りにくいものの、シャリと鱒は切っても形が崩れないほどしっかりと押されていますね。

今回、ご紹介し購入したお店はこちらです。

青山総本舗

HP http://www.kitokitonet.ne.jp/~masuzusi/

通信販売も行っております

住所 富山市新富町1-4-6

大きな地図で見る

TEL (076)432-5324(代)

定休日 不定休(臨時休業有)

営業時間 AM7:00~PM15:00(売り切れ時終了)

駐車場はありません。駅前の有料駐車場などをご利用ください。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« 4月25日のデートコース 2009年砺波チューリップフェア | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『味の山正』 ~ 8/富山県のますのすし ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29291813

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『青山総本舗』 ~ 7/富山県のますのすし ~:

« 4月25日のデートコース 2009年砺波チューリップフェア | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『味の山正』 ~ 8/富山県のますのすし ~ »