« マイナーチェンジですが | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『竹勘』 ~ 4/富山県のますのすし  »

富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 ~ 3/富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿司紹介の三回目です。ぱっとネットで見ただけでも富山市だけでも20件以上は鱒の寿司屋がありそうです…ちょっと心が折れそうになりました。

今回は富山市西中野町に店舗を構える『大多屋』さんです。通勤途中に「大多屋」さんの店舗がありまして、なんとドライブスルーのある鱒の寿司屋でしたので興味がありました。

H210421_000

検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

写真は今回ますの寿しを購入した「大多屋」さんの店舗です。残念ながらドライブスルーはカラーコーンで封鎖してあって現在は使用していないようでした。

H210421_001

購入時に貰えるレジ袋もその店舗ごとにオリジナルなもので、そのお店の特色がありますね。前回の「川上」さんも手元にあったので追加でアップしておきました。

H210421_002

今回購入したのはこちらの鱒の寿司(一重)1180円です。「大多屋」さんにも二重がありましたが、包み鱒の寿しというご飯を完全に鱒で包んだ鱒の寿しもあるようです。あと、お値段が少し安いみたいですね、1300円が相場だと思っていたのですが。

いまさらなんですが、鱒の寿しを購入したら箱なり袋なりに書かれている注意書きを読んでください。保存に関する注意点が書いてあります。それを守るのと守らないのでは味がだいぶ変わります。特に冷やし過ぎには注意です。

H210421_003

「大多屋」さんでは青竹ではなく竹を作った型で桶をはさんでありました。その竹にシールで目盛りが張ってあるので、これで測ってください、ということなんでしょうか?付属品は割り箸、プラスチックナイフ、お手拭のほかにお醤油がついていました。お醤油がついていたのは初めてです。

H210421_005


蓋をあけると笹にくるまれた鱒の寿しが、笹の香りと酢と鱒の香りがほんとにいい感じです。

H210421_006

「大多屋」さんは笹をめくると鱒が姿を見せるタイプですね。といってもまだ3軒目、逆さになっていたの2軒目の「川上」さんだけでしたが。

H210421_007

目盛りのついた木が付属していたのですが、写真では目盛りが読み取りにくかったのでいつものメジャーで測りました。直径17cmくらいですね。前回までのお店は18cmで1300円、「大多屋」さんは17cmで1180円。ますの寿し一個あたりの相場が決まっているのではなく、何か基準があってそれに基づいて値段が決められているのでしょうか?今後、そのあたりも調査していきたいと思います。

H210421_008

蓋を裏返し、そこに桶から取り出した鱒の寿しを置いて食べます。3個目ですので食べ方も慣れてきたかもしれません。しかし、大多屋さんは笹皮ごと切るには少しコツがいるようでした。

H210421_009

厚さは2cm、2cmはいまのところ全店同じ厚みですね。


H210421_011

笹皮ごとは切りにくく感じたので笹皮をむいて切ることに。むいた状態でしたらナイフがすすっと通って切りやすかったですね。ご飯も鱒の身も若干柔らかく感じました。

H210421_010_2

食べ比べてわかったことですが、一軒一軒味が微妙に違うんですよね。シャリの押されぐあいですとか、鱒の身の固さですとか、水分の残留具合ですとか、「大多屋」さんは、鱒の身も柔らかく、味も甘みが強く、シャリもあまり押されていない感じがしました。

美味いです。口の中に入れて瞬間の鱒の甘みがたまりませんでした。自分はお醤油がなくてもぺろりといただけました。

減農薬栽培米の富山県産こしひかりを100%使用、厳選された鱒を使い、化学調味料、合成保存料、着色料などは一切使われておりません。「大多屋」さんのこだわりを感じる素晴らしい鱒の寿しでした。

今回ご紹介し、購入したお店はこちらです。

大空食品有限会社 大多屋鱒の寿し店

HP http://ootaya.info/

住所    富山市西中野町2丁目19番11号

大きな地図で見る

TEL    (076)425ー5100 FAX (076)425-5288

定休日   不定休

営業時間 AM8:00より売切れ次第終了します

現在、電話でのご予約も受けてくださるそうです。また、いわゆるネット販売はありませんが、電話、FAXによるご注文の地方発送はうけてくださいます。

ドライブスルーは現在使用できませんでしたが、店舗横に専用駐車場が3台分ほどありますのでそちらにお車をお停めくださいとのことです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« マイナーチェンジですが | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『竹勘』 ~ 4/富山県のますのすし  »

コメント

ご無沙汰しております。
鱒の寿しとは又遠大なテーマを掲げられましたね~。

魚津に一件凄い有名なお店があるんですが、店名をはっきり思い出せないんですよ。
魚津駅近くの「魚づ鱒寿し店」だったと思うんですが・・・
一度だけ食べた事がありますが、鱒(鮭?)の身が極厚でした。
魚津在住の上司ご推薦です。
その上司曰く「富山で一番美味い!」
太鼓判を押すだけあって美味しかったですよ。

県内全制覇目指して頑張ってください!(笑)
魚津といえば、押し寿司の「志むら乃寿司」も美味しいですよね~。

投稿: 旅人 | 2009年4月21日 (火) 19時56分

>旅人 さん

お久しぶりです。

正直、遠大過ぎて困っていますwこの前、京都に言ったとき八橋のメーカーを5種類ほどしか見なかったので、鱒の寿しもあって10社くらいかなと、検索もしないうちに初回を掲載してしまって大変なことにw

魚づ鱒寿し店ですね、ありがとうございます。必ず買いに行きます。

まず県内全制覇めざして頑張ります。鱒の寿し屋の情報がありましたら、また教えてくださいね。

志むら乃寿司いいですね、祭りとかになるとよくもらいます。魚津も美味しいものそろってますよね。来年の冬(もう冬の話w)は魚津のウマヅラハギを食べに行きたいです。

投稿: zen_aiba | 2009年4月21日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29214012

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 ~ 3/富山県のますのすし ~:

« マイナーチェンジですが | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『竹勘』 ~ 4/富山県のますのすし  »