« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 cafe Jack Rabbit slim's~カフェラテでアート | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 中国料理 満寿園~ »

富山といえばますのすしでしょう  『寿司一』 ~ 5/富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第五回目です。鱒の寿しはますのすし、鱒の寿し、鱒寿司、鱒の寿司と表記の方法はお店によって違うみたいですね。

富山で鱒の寿しを購入しようと思っている方に一言。「源」さんのように大工場を持ちデパート、SC、駅、空港等に卸売りをされている企業は別としても、販売直営をされている店舗で購入をお考えの方は前日(お店によっては2日前)に予約をして購入しましょう。

鱒の寿しは生ものゆえ店売りは基本的に最小限の数しか置きません。平日の10時には当日の販売数を売り切っている店が多いです。

さて、越中八尾に店舗を構える「寿司一」さんの鱒の寿しです。

H210423_100


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

写真は今回購入した「寿司一(すしいち)」さんの店舗看板の写真です。寿司一さんには駐車場がなく、お店の前に車を寄せて購入するのですが、他の車との関係上お店の正面に停める格好になったためにお店の写真が撮れず、看板だけの写真になりました。

寿司一さんは持ち帰りのお寿司屋さんで、鱒の寿しの他にも普通のお寿司やさば寿しを販売なされていました。

昼に買いに行ったのですが、当日の鱒の寿しは売り切れていて、とほほと帰ろうとしたところ、お時間ありますか?とお店の女将さんに聞かれて、昼休みなので一時間ほどと答えたところ、新たに作って出してくれるとのこと。女将さんの優しさあふれる対応に涙がでそうでした。

H210423_111

お昼休みはこちらのお寿司を購入して公園で食べていました。その中に焼き鯖のお寿司があったのですが、大変脂がのっていて美味しかったです。鯖のお寿しもいいですね。

H210423_101

「寿司一」さんの紙袋。こちらは袋代100円です。普通のレジ袋タイプは無料でしたが、せっかくおわらの八尾に来ているので、こちらの紙袋を購入しました。

H210423_102

今回購入したのはこちらの厚みのますの寿司(一重)1300円です。自分が勝手に相場だと思っている1300円だったので何故か嬉しかったw「寿司一」さんも二重や予約限定の特選といった種類があります。特選が鱒の「はら」のみを使用した一品らしいので、次はぜひ特選に挑戦したいですね。

 

H210423_103

 

おらわ菜摘み茶なる商品もおいてあったので一緒に購入。香ばしい香りのする独特の味がするお茶でした。

 

「いい具合に押されるのは夜以降なので、時間をおいてお召し上がりください」

そう女将さんにいわれたので風通しの良いところに保管して夜に頂きました。他のお店でも言われたり、注意書きには必ず記載してあるのですが、冷蔵庫にいれての保管はしないでください。シャリが硬くなって鱒の寿し本来の味を損ねることになります。

H210423_104

加工竹のはさまれておりました。付属品は割り箸とお手拭とすっかりおなじみになったプラスチックナイフ。そして、本当につまらないことですが今までと同じゴムでしっかりとはさんでありました。このゴムはどこで生産されているのでしょうか?すごい消費量だと思うのですよ。

H210423_106

蓋を空けるとこんな感じ。笹皮ににじんだ水分がいい感じ。蓋を空けた瞬間の笹の香りと鱒の香り、酢飯のいい香りがたまりませんね。

H210423_107

「寿司一」さんも笹皮をめくると鱒の姿が。これまでの5社の中で逆さになっていたのは「川上」さんだけですね。こちらが普通なのでしょうか?

H210423_108

何度も食べていると手際も良くなってきましたw笹皮ごと桶から取り出して、ひっくり返した蓋に乗せます。で、計測してみると直径は18cm弱ですね。

H210423_109

付属のナイフで笹皮ごと切ろうとすると笹皮崩壊。笹皮ごときるには技術が必要なのか?と思っていたら、横にいた嫁に「あいかわらず不器用ねw」と笑われる始末。これは自分の腕のなさかもしれませんね。しかし、ナイフから伝わる手ごたえがすごいです。鱒の感触がこれでもかと伝わって来ます。

H210423_111_2

厚さは、自分の中でこれが鱒の寿し標準と思っている2cm。確かに2cmなのですが、箱に厚みのと表記されているように鱒の身が厚い!!すごいところではシャリと鱒の比率が逆転しているところも!

H210423_110

そして鱒の脂ののりかたがいい!!軽めに押されたシャリに口いっぱいに広がる鱒。どちらかといえば普通のお寿司に近い感触ですね。鱒の主張が本当にすごい。鱒、鱒、シャリ、鱒、鱒みたいな。そしてシャリの酢の具合も美味しくていい。鱒の脂が多いので薄めの酢飯がいい感じです。

H210423_112

横から見た鱒の厚み。分厚い。

たいへん美味しくいただけました、人情あふれる優しい対応をしてくださった「寿司一」さんの女将さんに感謝です。

今回ご紹介し、購入したお店はこちらです。

越中八尾 寿司一

HP http://www.geocities.jp/susiititoyama/

ネット通販もやっています

住所    富山市八尾町下新町1431


大きな地図で見る


TEL      (076)454-4077
定休日     水曜日(おわら期間中は営業)
営業時間   AM9:00~PM19:00

八尾駅前にもお店があります。駐車場がないため道路に幅寄せして停めることになりますので、購入前にお電話していただけるとスムーズに買い物ができますとのことです。あと、八尾の町はわかりにくい一方通行の道路が存在しますのでお気をつけください。 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 cafe Jack Rabbit slim's~カフェラテでアート | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 中国料理 満寿園~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29252359

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『寿司一』 ~ 5/富山県のますのすし ~:

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 cafe Jack Rabbit slim's~カフェラテでアート | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 中国料理 満寿園~ »