« 富山といえばますのすしでしょう  『味の山正』 ~ 8/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『丸龍庵』 ~ 9/富山県のますのすし ~ »

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 きぶね~

この時期の風物詩、サクラウグイの料理を食べに小矢部市にある「きぶね」さんにお邪魔してきました。

四月上旬になるとお店のご主人の中井さんがうぐい漁をするところがよくTVで紹介されています。サクラウグイとは、うぐいが婚姻色のため四月から五月の桜の時期にかけて体全体が赤くなるため、この名前がつけられたものです。

きぶねさんも今は亡き祖父から教えてもらっていたお店です。

H210426_110

検索用ワード サクラウグイ 川魚専門 小矢部川春の風物詩

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

写真は店内の写真です。一軒屋を改装されて作られています、大人数ならいろりのある座敷のお部屋もあるそうです。

H210426_111

この時期のこちらのうぐいのコースがメインになります。から揚げと甘露煮の二種類のコースがありましたので、一つずつ頂きました。うぐいは小矢部川は水温の関係で獲れにくいため、支流の岸渡川で獲ったものだそうです。

産卵のため餌を極力取らないこの時期のうぐいでも、川魚の特有の泥臭さがあるため3~5日は泥を吐かせるそうです。そのため、予約も3日~5日前にするほう良いようです。ご主人の中井さんいわく、数に限りがあり、また不漁のときもあり、お出しできないときもあるので、前もって確認して欲しいといわれました。

H210426_112

さくらうぐいの酢の物です。川魚独特の臭みなどまったく感じさせない身の美味さでした。また、うぐいの身の旨味が酢味噌にあう!癖になりそうな味です!!

H210426_113

甘露煮。

H210426_115

噛むとじゅわっと広がる甘い味、骨まで食べられるほど煮詰めてあって、ご飯との相性ぴったり!!

H210426_114

ご飯セットはこれに山菜の香の物がついてきます。お酒で味わう人も多いので、ご飯と味噌汁は別なんだとか。嫁はビールを飲んでいました。「昼間からお美味しいものとビール!最高だわっheart04」ご満悦のご様子。

H210426_116

お味噌汁のもうぐいの身が。うぐい自体は淡白で濃い味はしませんが、ほのかな風味とそれを生かす川魚専門でやってこられたご主人の熟練の味付けがいいですね。

H210426_117

うぐいのおさしみ。ぱっとみアジの刺身のような感じです。

H210426_118

ご主人の中井さんから「しょうが醤油でキャベツを包んで食べてください」と勧められたので、その方法で頂きました。見た目はアジの刺身のようでしたが、まったくアジほど脂がなく、あっさりとして身が弾力があるのに柔らかい。なるほど、このうぐいの風味を損なわないためわさびよりしょうが、そしてうぐいの味を損なわず歯ごたえを足すためのキャベツなのか!もう美味しくてたまらんです!

H210426_119

うぐいの田楽。ご主人中井さんいわく、「うぐいは川魚のなかでも骨の硬いほうだから骨は取り出して食べてもいいですよ」と。

H210426_121



確かにばりぼり音がするほど骨が硬かった。しかし、甘目の田楽味噌が美味くて、気にならない程度でした。

H210426_120

うぐいのからあげ。小さくなっているのは開いて骨抜きしてあるため、揚げると丸まってしまっているための様子。こちらも頭からばりばり頂きました。頭とかでも苦味が薄いですね、全体的に淡白なんでしょうね、うぐい。

H210426_122

メニューを見て気になったので、頼んでみたなまずのあらい。なまずを食べるのは初めてです。こんにゃくのような食感、めっちゃ柔らかいのですが、噛み切れない弾力、不思議な食感で面白かった。

H210426_123

テーブル狭しと料理が並んでいきました。きぶねさんはまるで親戚の家にでも食事にきたかのような居心地の良さでした。ご主人の中井さんと川魚について会話しながら食べる食事はまた格別です。気さくなご主人で、本当に親戚のおじさんという感じの暖かい雰囲気でした。楽しい食事時間でした。中井さん、ありがとうございました。

この時期はうぐいですが、6月の鮎漁解禁になると鮎もメニューにあがるとか。川魚の中で香りで鮎に勝るものなしと語っておられた中井さんの鮎をぜひ食しに、また伺いたいものです。

お店情報

川魚料理 きぶね

H210426_124_2

住所 小矢部市島320

大きな地図で見る

TEL (0766)67-0058

定休日 月曜日

営業時間 AM11:00~PM14:00(予約時はPM14:00~でも営業)

       PM17:00~PM20:30

駐車場はきぶねさんの店舗前の空き地になります。線などは引かれていないので、他の方の邪魔にならないよう駐車しておきましょう。営業時間外は漁に出ておられますので、予約の電話は営業時間にお願いしますとのことです。

|

« 富山といえばますのすしでしょう  『味の山正』 ~ 8/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『丸龍庵』 ~ 9/富山県のますのすし ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29304807

この記事へのトラックバック一覧です: ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 きぶね~:

« 富山といえばますのすしでしょう  『味の山正』 ~ 8/富山県のますのすし ~ | トップページ | 富山といえばますのすしでしょう  『丸龍庵』 ~ 9/富山県のますのすし ~ »