« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 Art&Cafe 胡風居~黒七味編 | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 達磨~ »

富山といえばますのすしでしょう  『川上』 ~ 2/富山県のますのすし ~

富山の名産のますのすしを食べ比べてみようと始めてみたコーナーですが、さて、いつまでもつやらw

第二回目は富山市丸の内に店舗を構える『川上』さんです。お店選びの順番には特に意味はありません。目に付いたお店に飛び込んでみたり、気が向いたときに検索して発見したお店に行ってみようと思っています。

H210419_000

H210419_001

検索用ワード  ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

写真は今回鱒の寿しを購入した「川上」さんの本店です。「川上」さんの鱒の寿しは駅前CIC地下1Fでも販売されているようです。あと、松川ぞいのこの界隈は鱒寿屋さんが立ち並んでいて、何件か鱒の寿しの看板を見ることが出来ます。

H210419_002

今回購入したのはこちらの川上の鱒寿し(一重)1300円です。「源」さんもそうでしたが「川上」さんにも二重や特選、あと予約限定の特上という種類があるそうです。特上の鱒の寿しも気になりますので、いずれは食してみたいと思います。

H210419_011

竹を輪ゴムではさみ木桶を押さえているところは共通でした。桶の蓋がなかなかかっこいいですね。付属品には箸とナイフ、お手拭もついています。

H210419_003

木桶の蓋をはずすと笹でくるまれた鱒の寿し。笹独特の香りがしますね。

H210419_004

笹をめくると、あれ?鱒がありません。これはいったい…「源」さんの鱒の寿しはこの段階で鱒が見えたのですが…

H210419_005

付属していた食べ方を読むと木桶をひっくり返して、笹皮のまま取り出して包丁等で切れ込みをいれ一切れづつ笹皮をむいてお召し上がりくださいと書かれていました。あと、鱒のすしって常温で保存するんですね…冷蔵庫に入れて冷やしすぎるとご飯が硬くなりますみたいなことが注意書きとしてありました。マニュアルを読むって大切ですね。

H210419_006

付属のナイフで笹皮ごとすんなり切れます。

H210419_007

直径はだいたい18cmかそれより若干小さいくらい。この大きさも組合できめられているのでしょうか?

H210419_008

厚さは2cmぐらいですね。

H210419_009

ナイフで笹皮ごと切ってからむいてみました。薄ピンク色のきれいな鱒の身が美味しそうです。

H210419_010

鱒の身が大変厚いです。で、二つの店を食べ比べてわかったのですが、鱒寿しといっても店ごとにだいぶ特色があるようです。撮影者の腕がへたっぴなので分かり難いかもしれませんが、前回の「源」さんの鱒は少しみずみずしく、どちらかというと刺身に近いものでしたが、「川上」さんの鱒はぎゅうっと押されて鱒から水分が抜けている感じです。しかし、その鱒の旨味は酢飯にしみこんでいますし、鱒の身も引き締まっていて美味しいです。

「川上」さん、というか富山の鱒の寿し全般は人口甘味料などは一切使用していませんので、素材そのままの風味と味が感じられて美味しいですよ。

追加 購入時にもらえるレジ袋も掲載します。

H210419_100_2

当たり前といえば当たり前ですが、袋もお店によって違います。

今回ご紹介し、購入したお店はこちらです。

株式会社川上鱒寿し店

H210419_br

HP http://www.kawakamimasuzushiten.com/

住所    富山市丸の内1丁目2-6

大きな地図で見る

TEL    (076)432-5129(代)
定休日   不定休(臨時休業あり)
営業時間 AM6:00~売り切れまで

電話で予約していただければ朝早くからお店を開店しますとのこと。お気軽にお電話くださいとのことでした。朝早くから営業なされているのは、お土産に持参する方が購入していけるようにということなんでしょうね。

駐車場はないようでした。他の方の通行の邪魔にならないようお店の前に寄せて停めるのがよいようですね。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 Art&Cafe 胡風居~黒七味編 | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 達磨~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29184174

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『川上』 ~ 2/富山県のますのすし ~:

« ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 Art&Cafe 胡風居~黒七味編 | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 達磨~ »