« 富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 ~ 3/富山県のますのすし ~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 cafe Jack Rabbit slim's~カフェラテでアート »

富山といえばますのすしでしょう  『竹勘』 ~ 4/富山県のますのすし 

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第四回目です。

普段は普通のお寿司屋で予約をすると鱒の寿しを販売してくれるところや、高速道路のSAでもオリジナル鱒の寿しを販売している所などを見つけてしまった…いったい富山にはどれだけの鱒の寿し屋があるのでしょう……あと鱒の寿しやには鰤の寿しってもの販売していてね、これもいずれ紹介したいなぁ~なんて思うと心が折れそうです。

さて、今回は富山市掛尾に本社工場を構え、41号線に直営販売店を持つ「竹勘」さんの鱒の寿しです。

H210422_000

H210422_001

 

検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

写真は今回鱒の寿しを購入した「竹勘」さんの営業する越中富山海鮮市場と味処海楽館です。鱒の寿しだけではなく富山の海産物も売っていたりします。

H210422_002

「竹勘」さんは紙袋に鱒の寿しをいれてくれました。

H210422_003

今回購入したのはこちらの「竹勘」さんの鱒の寿し(一重)1300円です。鱒の寿しって感じのパッケージですね。王道って感じです。竹勘さんも鱒の寿し二重の他に予約限定の特選鱒の寿し、鰤の寿し等を販売しています。いまさらなんですが、氷見の鰤は有名ですが、鰤の寿しはなんで知名度が低いんでしょうかね?

H210422_004

付属品はお手拭、割り箸、切り分け用のプラスチックナイフです。青竹ではなく加工竹ではさんでいました。つまなないことですが、はさんであるゴムは4社とも同じもののようでした。

H210422_005

蓋をあけたところにあったビニールが印象的でしたね。こうやって見ると色んなところに各社独特の個性があって面白いです。ビニールをかけてあったせいか笹皮がいままでよりも湿っているように感じられました。

H210422_006

笹皮をめくると色鮮やかな鱒の姿が、この瞬間の匂いが良いんですよね、鱒の寿し。

H210422_007

大きさは今までより若干小さめの16から17cm。1300円なので18cmかと思ったのですがそうではないようです。去年でしたかTVで、鱒の寿しの組合が原材料高騰の影響で値上げに踏み切ると放送されていて、値段って基準があったのかと思いましたが、その基準とやらが見つかりません。

H210422_008

ひっくり返した蓋の上に鱒の寿しを乗せて切り分けます。この食べ方が切りやすく皿も使わないので重宝しています。

H210422_009

「竹勘」さんの鱒の寿しも笹皮ごと切るのは難しかったですね。笹皮ごとすんなり切れたのは「川上」さんだけですね、いまのところ。ナイフにすごい手ごたえを感じます。硬いというわけではなく柔らかい重いものを切っている感じです。

H210422_010

なんと厚さが23mm、厚いところは25mmはあります。2cmの壁を越えた最初の鱒の寿しです。

H210422_011

「竹勘」さんの鱒の寿しはずっしりとシャリの詰まった鱒の寿しでした。すごいボリュームでした。しかし、何か自分の保存方法が悪かったのでしょうか、味が薄い感じがしました。失礼ながら過去の3軒に比べるとどうかなって所でした。初めて食べる人がこれを有名な富山の鱒の寿しか、って思われるのは正直微妙かも。食べ比べて初めてわかることがあるんですね、食べ比べていなければこれも美味しいといっていたと思うのですが…

今回ご紹介したお店はこちら

株式会社 竹勘

HP http://www.takekan.net/index.html
ネット通販あり

住所    富山市掛尾町256-1
TEL    (076)495-2505(代)

FAX    (076)495-2502

購入した海鮮市場の住所はこちら

住所    富山掛尾町351-2


大きな地図で見る

TEL    (076)492-8888
定休日   年中無休
営業時間 AM8:00~PM19:00

海鮮市場さんは裏手に観光バスも停まれる大きな駐車場があります。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

|

« 富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 ~ 3/富山県のますのすし ~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 cafe Jack Rabbit slim's~カフェラテでアート »

コメント

zenさん今晩は。

今日、上司に確認とってきました。
最初から確認してから書き込むべきでしたね。(汗)
お店合ってました。
上司曰く「予約してから行ったほうがいいよ。」だそうです。

そういえば、柴田理恵さんが出演している「ゆるゆる富山遺産」に以前、吉田屋鱒寿し本舗がでてましたねぇ。
社長が社長兼ミュージシャンという変り種で。
以前ここのますずし食べましたが、まあまあ美味しかった記憶が。
ちょっと前の記憶なんで当てにならないかも知れませんが。

しかし凄い勢いですねぇ。
段々飽きてきたりしませんか?
無理せず頑張ってください。

投稿: 旅人 | 2009年4月22日 (水) 20時09分

こんばんは。
旅人さんの紹介の魚津市のお店は鱒の身が分厚く美味しいです。但し、絶対に予約してから行って下さい。突然行っても、本日の分は売り切れましたと言われる可能性があります。
外箱が四角形なんですよ。魚津駅の横にある交番の角を右に曲がり信号一つ過ぎた先の左側にあります。
私が紹介した大黒屋寿司店さんは本来は江戸前の寿司屋さんですが、お客さんの要望に応えます寿司、サバ寿司等を始められたようです。

投稿: バーディ | 2009年4月22日 (水) 20時34分

>旅人 さん
こんばんわ。夜勤帰宅前のzenですw

「魚づ鱒寿し店」をネットで発見確認しました。すでに食した5つ目の店の記事で書こうと思いましたが、鱒の寿しは生もので手作りゆえにほとんどの店で予約しないと平日ゲットするのは難しいみたいですね。

吉田屋さんもチェックしました。情報ありがとうございます。しかし、すごい数のお店が富山にはあるものです…

お店によって味が違うので楽しみながら食べているのでまだ頑張れます。車の中が笹の匂いがするって嫁にファ○リーズをされましたがw

投稿: zen_aiba | 2009年4月23日 (木) 04時01分

>バーディさん

こんばんわです。

すでに他の店で今日の分は売り切れだよって言われてきましたw鱒の寿しは予約しないと買えなさそうですね…平日は予約必須ですね。川上さんは土曜日、大多屋さんは日曜日のそれぞれ早い時間に買いに行ったので売り切れていなかっただけなのかもしれません。

大黒屋寿司店さんもネットで検索してチェックしてみました。美味しそうなお寿司屋さんでしたね、今度、予約して嫁とお寿司を食べに行って土産に鱒の寿司を買ってこようと計画しています。

情報ありがとうございます。必ず突撃?します。

投稿: zen_aiba | 2009年4月23日 (木) 04時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/29227274

この記事へのトラックバック一覧です: 富山といえばますのすしでしょう  『竹勘』 ~ 4/富山県のますのすし :

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 09時56分

« 富山といえばますのすしでしょう  『大多屋』 ~ 3/富山県のますのすし ~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 cafe Jack Rabbit slim's~カフェラテでアート »