« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 餃子会館~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~2009年嫁のお気に入り »

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 末弘軒~

おそらく青春時代、一番食べたであろう炒飯の美味しいお店、末弘軒さんに会社の昼休みご飯を食べに行きました。

H210213_000

検索用ワード 手打ちわんたん 隠れた炒飯の名店 柳の下のラーメン屋

詳しくは続きをどうぞ

 

写真は「末弘軒」さんのワンタン麺の写真です。「末弘軒」さんといえば手打ちわんたん麺というくらいわんたん麺の美味しいお店として有名です。昔ながらの中華麺の澄んだスープに腰のある麺。

H210213_001

アップで見ると綺麗なくらいスープが澄んでいるのがわかりますでしょうか?

H210213_002

手打ちの極薄わんたんは口の中にいれただけでとろけていきそうなくらいです。それでいてわんたんのかわの甘み、具の旨味、もはや熟練の味です。

H210213_003

こちらが「末弘軒」さんの炒飯です。この炒飯は自分がもう十五年ほど前に毎日のように食べていた炒飯です。当時のバイト先が「末弘軒」さんから十五分ぐらいのところにあって、バイト先で出前を取るとかならず「末弘軒」さんの炒飯でした。

当時の自分がバイト先の近くの出前のできるお店以外を開拓しようとして出会ったのが「末弘軒」さんで、当時からわんたん麺が美味しいと評判のお店でした。

で、早速出前を頼んでみると「そちらの会社までの距離がありますから暖かいめん類はのびちゃって美味しくないと思います。ですので、ご飯ものや冷たい麺なら出前いたしますよ」と言われたので、ざる中華と炒飯を頼みました。

で、そこで出会ったのがこちらの炒飯

H210213_004

まさに王道のふわぱら、仕上がりがふわっとしていてご飯がぱらっとほぐれる。炒飯という名にふさわしい香ばしい食感。一発でとりこになりました。

炒飯大盛りだけではあきたらず、大盛りのさらに上の特大、そのうえのトリプル盛りという裏メニューを開発していただきました。トリプル盛りはラーメン丼にこぼれそうなほど大盛りに炒飯を盛ってくれると言う豪華版でした。

「炒飯トリプル盛り3つで」

「その注文をしてくるのは○○○(バイト先名)さんだけですよw」

バイトの学生で毎日のように頼むものですからお店の人に覚えてもらうほどに。

それ以来いまでも年に数回は足を運んでいます。いまも当時と変わらぬ王道炒飯でした。美味かった。

お店情報

末弘軒

H210213_005

住所     富山市総曲輪4-6-9

TEL     (076)421-7019

定休日    日曜日(火曜日だったはずですが日曜日に変更されたようです)

営業時間  AM11:00~PM20:30

お店の道を挟んだ正面側に駐車場があります。他のお店の駐車スペースもありますので場所を確認して停めてください。富山大和の中にも姉妹店があります。

|

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 餃子会館~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~2009年嫁のお気に入り »

コメント

zenさん今晩は!
おぉ~そうですね、末弘軒がありましたね!
ここは年1~2回、昼食時に行きます。
必ずハンチャンセットを頼んで、〆にコップソフトを注文します!(笑)
時々ソフトは2個で!(笑)
甘い物大好きです!
駐車場がある事知りませんでした。

投稿: 旅人 | 2009年2月13日 (金) 19時40分

>旅人 さん

こんばんわ。
旅人さんもやはりご存知でしたか!炒飯おいしいですよね~。半炒飯ではたりないのでいつもわんたん麺と炒飯です。

あと、ロース中華丼も好きなのですが、この日は昼に一人でいきましたので、さすがに炒飯と中華丼と一緒には食べられませんでしたねw

駐車場は最近出来たのですかね?そういえば昔はこのスペースにお店があったような気がしますね。

投稿: zen_aiba | 2009年2月13日 (金) 20時07分

末弘軒の総曲輪の店では従業員の悪口をいっていました。あそこの店にはいかないほうがいいと思います。

投稿: uuz | 2012年7月25日 (水) 17時22分

>uuz さん

従業員さんも人の子ですからね
面白くないこともあるでしょうが
お客さんに聞こえるようには言って欲しくないですね

自分もそんな状況を目の当たりにしたら
足が遠のくと思いますね

コメントありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2012年7月26日 (木) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/28040715

この記事へのトラックバック一覧です: ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 末弘軒~:

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 餃子会館~ | トップページ | ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~2009年嫁のお気に入り »