« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 Bistro ふらいぱん~

クリスマスは家でディナーでしたが、今年はお店に人が少なかったかもね、と嫁に話したところ「じゃあ、もう一回クリスマスしよheart04

ということでクリスマスっぽいディナーを求めて「Bistro ふらいぱん」さんに行ってきました。

H201229_000

検索用ワード 洋食 チーズフォンデュ ケーキ

詳しくは続きをどうぞ

続きを読む "ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 Bistro ふらいぱん~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 ココナッツ アイランド~

冬のフルーツと言えば苺。苺と言えばココナッツアイランドさんの苺パフェ!!待ちに待ってたココナッツアイランドさんの苺パフェが解禁になったので、さっそく行ってきました。

H201228_004

検索用ワード 苺パフェ 人気の苺パフェ 冬季限定苺パフェ

詳しくは続きでどうぞ

続きを読む "ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 ココナッツ アイランド~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 life cafe cattle~

年始の挨拶のときにもっていくお菓子を買いに、福光の「日の出屋製菓のささら屋さん」まで足を伸ばしたので、前から気になっていた和風スイーツのお店cattle(きゃとる)さんに行ってきました。

H201224_000

検索用ワード 白小豆 ぜんざいとパフェ 和と洋のスイーツ あんコーヒー

詳しくは続きでどうぞ 

続きを読む "ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 life cafe cattle~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 ブラッセリエ~

現在、我が家では、クリスマスシーズンは人が多すぎて外食に行かないこともあり、嫁の洋食屋新規開拓要望もあり、すごい連続で洋食屋さんに行っています。今回は外食系の情報誌には必ずと言っていいほど載っている「ブラッセリエ」さんに行ってきました。


H201222_000

検索用ワード 富山の洋食 家庭的な味 富山で外食

詳しくは続きをどうぞ

続きを読む "ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 ブラッセリエ~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 Pasta Pasta~

最近、洋食系の店の新規開拓に目覚めた嫁と自分が、新しい出会いを求めて情報誌に載っていたPasta Pastaさんに行ってきました。

H201221_111

検索用ワードです パスタ専門 生パスタ 気まぐれは本気で気まぐれ

詳しくは続きをどうぞ


続きを読む "ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 Pasta Pasta~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 レストハウス ジャスト・ラン~

昔ながらの洋食を求めて「ジャスト・ラン」さんにいってきました。

H201217_000

検索用ワード ミックスグリル ベル・ド・オムライス 昔ながらの洋食

詳しくは続きをどうぞ

続きを読む "ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 レストハウス ジャスト・ラン~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 ことの葉~

たまには静かに珈琲をと思い「ことの葉」さんに行ってきました。

H201216_000


検索用ワードです コーヒー 喫茶 大和屋 本日の珈琲

詳しくは続きをどうぞ

続きを読む "ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行 ことの葉~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行に行ってきましたよ⑦!12月5日は兵庫県城崎 城崎温泉 湯楽

カニを堪能した後は温泉を満喫すべく、湯楽さんの貸切風呂へ。

嫁と二人で入るには十分な大きさの湯船と城崎の優しい温泉の湯が良かったです。しかし、なぜに林檎?ゆずやしょうぶというのは何度か体験しましたが、林檎風呂と言うのは初めてでした。

「これなら家でもできるね」

嫁が言うように家のお風呂でも出来そうで怖い。

H201206_000

ゆっくり温泉に入って日々の疲れを落として目が覚めると…

H201206_001

明け方にはすっかり雪景色。まぁ、北陸人の嫁と自分にとってこの程度の雪はなんら問題ないので、せっかくの雪景色を露天風呂で楽しんできました。

H201206_003

湯楽さんの朝食。桐の綺麗な箱に入って見目も麗しく、旅館の朝食って感じがして旅行しているなぁ、としみじみ思いますね。

H201206_004

旅行の時の朝食ってたくさん食べれるから不思議ですよね。

H201206_005

雪の城崎温泉を外湯を一つ堪能して、湯楽さんを後にしました。なんだかんだいって温泉にはいりっぱなしでしたw温めのやさしいお湯がそうさせてくれるんでしょうね。いいお湯でした。カニはもちろん美味しかったし、旅館の人たちも大変浴していただきました。湯楽さん、ありがとうございました。

湯楽さんの詳しい情報はこちら

http://www.yuraku-group.co.jp/kinosaki/

H201206_006

帰り道はどうなることかと思いましたが、京都にさしかかるころには青空も見られて、予定通り天橋立によってきました。

H201206_007

まずは船を貸りて

H201206_008

外周を廻ってもらってから反対側の停留所まで乗せていってもらうコースで。

H201206_009

日本三大名勝を見ながらかっ飛ばす。ひゃっほう~って感じです。

H201206_010

この後、有名な笠松公園からまたくぐりをして天橋立を見てきました。なるほど絶景でしたが、自分と嫁が入っていない写真を撮り忘れる大失態…絶景でしたのでぜひご自身の目でどうぞってことで…

3時ごろ富山に向けて帰路に着きました。福井から高速の上は多少雪も降りましたが、なんとか旅行には支障がなかったので安心しました。ふぐとカニと温泉、満喫してきました。いい旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~

欧風家庭料理のお店 ダンデリオンさんに行ってきました。

H201211_000

検索用ワード オムライス 富山のランチ 今ならクリスマスデイナー?

詳しくは続きをどうぞ

続きを読む "ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 欧風家庭料理 ダンデリオン~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行に行ってきましたよ⑥!12月5日は兵庫県城崎 城崎温泉 湯楽

城崎温泉 湯楽さんにて今晩の晩御飯。やはり冬と言えばカニでしょう。

H201205_000

湯楽さんのカニフルコースを選んで宿泊しています。

H201205_002

 

仲居さんによって次々運ばれてくるカニ、カニ、カニ。

H201205_008

H201205_009

H201205_007_2

ずらりと並んだカニ料理。まだまだ出てくるそうで、フルコース恐るべし。

H201205_010_2

こちらのなにやら黒い液体の入ったボールは、ウーロン茶が入っておりこれで手を洗ってくださいとのこと。カニを食いに色んなところに行きましたが、これは初めてでした。確かにこれで手を洗うと手がすっきりしていい。これはホンと便利でした。自分はiphoneで写真を撮っているので、タッチパネルなので指が汚れていると撮りにくいのですが、ウーロン茶で洗って手を拭くと画面に跡がつきませんでしたね。

 

H201205_004

前菜。カニ味噌豆腐とカニの生春巻き、カニ味噌とカニ身の酢の物。

H201205_025

カニ刺し。こちらのカニ味噌は生なのでいまは食べず、後でお鍋をしたときにカニ味噌だけいれてスープをお楽しみください、と仲居さんから。カニ刺しが甘い~。

H201205_006

一人一匹のゆで蟹。嫁も自分も完全カニモード。ひたすらほじってひたすら食う、そしてお約束の無言の時w

 

H201205_011_2

焼き蟹も香ばしくてたまりません。


H201205_013

こちらも一人一匹の香ばこ蟹。卵を口に含むとじゅわ~と味が広がるのがたまりません。

H201205_012_2

カニの入った茶碗蒸し。左下に写っているのがカニ酢なんですが、湯楽さんのカニ酢は味はしっかりしているのですが、くどくないのでかに身がいくらでも入っちゃいますね。

H201205_014_2

天ぷら。

H201205_015

湯楽さんは天ぷらのために6種類のお塩が用意されていました。日本の塩3種類、外国の塩3種類です。同じ塩でも随分味が違うんですね、勉強になりました。

H201205_016_2

仲居さんに教わったようにまずはカニ味噌だけを投下。

H201205_017

で、このカニ味噌スープを頂きました。濃厚でとろけるカニ味噌が最高でした、これは癖になります。


H201205_018

H201205_019

カニ鍋。最初は贅沢にカニだけをゆでていただきました。カニにまみれて幸せ。

H201205_020

嫁と二人で食い散らかしたカニの残骸w

H201205_021

そしてカニ雑炊へ。湯楽さんでは仲居さんが雑炊を作ってくださいました。

H201205_022

カニ味噌のスープが本気でおいしいかった。

H201205_023

完食w

H201205_024

デザートはフルーツを頂きましたが、写真を撮り忘れたので、売店で売っていた「城崎ジェラート」なるアイスを、ふたたびデザートで頂きました。

カニフルコース、満喫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行に行ってきましたよ⑤!12月5日は兵庫県城崎 城崎温泉

城崎マリンワールドを堪能した嫁と自分は本日のお宿である、城崎温泉 湯楽さんに到着。細い小道の奥にひっそりと佇む優雅なお宿でした。

H20125_000

H20125_001

窓から眺める中庭の風景がなかなか良いお部屋でした。

H20125_002

城崎温泉の町並みを散策。城崎温泉は7つの外湯めぐりが有名と言うことで、湯楽さんでチケットをもらって外湯へ。

H20125_006

夫婦円満になると言われる一の湯へ

金曜日、カニの季節ということで人が大勢おられました。外湯めぐりはもちっとシーズンオフに来るべきですかね…大浴場でしたがそれ以上の人がおられたのでちょっと満喫できませんでした。

H20125_007

H20125_003

 

古い温泉街にモダンなお土産屋。伝統と流行が交わると言う雰囲気でした。


H20125_005

自分は3の湯へ、嫁は美人の湯の5の湯?へそれぞれ行ってきました。温泉は人のいない静かなところがいいと痛感。いい湯なんですが人多すぎです。

H20125_004

お風呂上りに酢の専門店でドリンクを。このほかソフトクリームやら湯上りにぴったりな物が多く街中にありました。

H20125_008

レトロなバスが走りいいところでした。9月とか紅葉にも早く、カニの季節でもない人の少ない季節に来て7つのお湯を満喫したいところでした。でも、お湯はぬるくて身体に優しいいい湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行に行ってきましたよ④!12月5日は兵庫県城崎 「城崎マリンワールド」

5日の朝、出るときには少し天気も回復し

H201205_000

みなと屋さんからの景色も写真に撮ることが出来ました。

9時前にはみなと屋さんを出発して今宵の宿のある兵庫県城崎 城崎温泉に向かって出発しました。

AM11時30分には最初の目的地である城崎マリンワールドに到着。思ったより近いと言うのが印象です。

H201205_001

こちらの水族館は、あのさかな君がTVで絶賛しておりましたので、是非一度は行ってみたいと思っていました。

H201205_002

3階ぶち抜きの水槽があったりしましたが、魚の展示は今までまわった水族館とそんなに代わりがないと思いましたが、他の部分が圧倒的に違いました。

H201205_003

こちらのペンギンと一緒に記念写真を撮れたり(係員が自分たちの前にペンギンを連れてきてくれて一緒に写真を撮ってくれます)

H201205_004

巨大なセイウチの食事を見れたり

H201205_005

トドやオットセイが崖の上で芸をしたり、飛び込んだり

H201205_006

ダイブアドベンチャーという体験施設があったりします。ダイブアドベンチャーは巨大な円柱型の水槽にフロートを浮かべて、体験者はフロートに乗りあたかも水中にもぐっていくかのように巨大水槽の内部に進入していきます。

嫁と自分も参加料を払って体感してきました。安全のためにライフジャケットを身につけます。これも初体験なのでわくわくします。

係員の説明だと、自分達はヤドカリになっていまから海にもぐると言う設定なんだそうです。フロートの上は下に水のあるのを感じるぐらい不安定で雰囲気抜群でした。

H201205_007_2

H201205_008

H201205_009

H201205_010

ゆっくり沈むフロート。光と音そして水とが絶妙にコラボして素晴らしい体験でした。水槽の中にはイルカも間近を泳いで行ったりと他では体験したことのない代物でした。

H201205_011

そして水族館と言えばイルカショー。なにやらやたらギミックの凝った施設で期待も高まります。

H201205_012

バンドウイルカのショーでスタート。イルカのレベルが高い、今まで見てきた中でもダントツのレベルの動きを見せてくれました。

H201205_013

そして圧巻だったのがアシカのショー。ストーリーがちゃんとあってトレーナーとアシカが見事に演じていました。これは凄かった。

H201205_014

アシカショーで炎の演出があるなんてここぐらいなんじゃないでしょうかね?

H201205_015

セイウチさんも登場してコミカルな劇を楽しませてくれました。

H201205_016

締めはカマイルカ達のショーでした。イルカの動きのレベルたけぇー、さかな君が絶賛するのもわかる気がします。

H201205_017

屋内のプールでもイルカショーがあったり、とことん豪華です。このあとイルカとの記念写真が撮れます。嫁と自分もペンギンに続いて記念写真を撮ってもらいました。

H201205_020

H201205_019

お土産ショップにあるこちらの着ぐるみもお金を出せば記念に着て写真を撮ってもらえました。せっかくなので嫁はペンギン、じぶんはトド着ぐるみを着て記念写真を撮ってもらいました。

H201205_018

城崎マリンワールドは海に面接して作られており、途中、虹がでたりとなかなか素晴らしい景色でありました。こんな間近で虹をみたのは初めてかもしれません。

他にも、水族館のバックヤードを体験するコース、イルカと一緒に泳ぐ体験をするコースなどありましたが、そちらは前もって予約とのとこでしたので断念。凄い体感型の水族館でした。城崎マリンワールド、最高です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅行に行ってきましたよ③!12月4日は福井県三方中上郡若狭町 民宿「みなと屋」

のみなと屋さんのとらふぐフルコースを頂いたあと、お風呂を頂きました。

H1205_000

想像していたより結構大きめなお風呂でした。みなと屋さんではお風呂は時間帯で貸切にもしていただけます。今回は貸切にしていただいたので、嫁と二人でお風呂に入りました。

しかし、ふぐをたらふく食ったあとの大きなお風呂は最高ですね。

冬季は24時間いつでもお風呂には入れるとの事で、食事の後や朝の目覚ましに入ることも出来ます。

H1205_001

次の日はあいにくの空模様。窓から見える風景は山と海に囲まれた良い風景なのですが、すこし残念でしたね。

H1205_002

平日泊なので、若女将の息子さん達は学校へ。彼等を見送りながら朝ごはんを頂きます。このようなのどかな光景も民宿ならですね~。嫁は朝早くおきて朝風呂を頂いたようです。自分は朝の惰眠をむさぼらせていただきました。


H1205_003

小さなコンロで湯豆腐。食事は一階の食事どころで頂きました。

H1205_004

若女将特製の梅干だそうで、梅干にうるさい嫁と自分がこれでご飯2杯いただくほどの梅干、素晴らしい。

H1205_005

昨晩、腹いっぱい食べたのに朝食も完食です。かます焼きやナスの揚げびたしがお腹に優しくていくらでもいただけました。

初の民宿体験でしたが、旅館やホテルに勝るとも劣らない素晴らしい体験でした。若女将や息子さん達とのひと時は他の所では味わえない、のどかで人の優しさを実感できる一時でした。民宿ならではのサービスも随所にみられて、民宿泊の虜になりそうです。もちろんふぐはいうまでもなく最高でした。

若女将さんの笑顔に見送られ、嫁と自分は民宿「みなと屋」さんをあとにしました。

今回宿泊させてもらった「みなと屋」さんの詳しい情報はこちらから

http://www.minatoya.jp/


最初は無理をしてYes、we canで一躍有名?になった小浜市まで足を伸ばそうかと思いましたが、「みなと屋」さんにして良かったです。みなと屋さんではとらふぐを養殖なさっているんですね、それであんなに鮮度のよいふぐをたくさん用意できるのですね。

今度は白子コースを食べにお邪魔したいと思います。みなと屋さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行に行ってきましたよ②!12月4日は福井県三方中上郡若狭町 民宿「みなと屋」

で白子焼きを堪能した後に

H1204_011

ふぐの天ぷら。これが一人一皿でました。これもまた美味い。以前に富山の料理店でふぐを食べたときは骨ばっかりの身のないものを食べさせられ、これがふぐなの?と嫁と二人で疑問を抱きましたが、みなと屋さんで知った真実。これがふぐだ。しっかり身がついてて柔らかい、白身の様でありながらぱさぱさすることのないもっちりとした弾力のある身。うまいぃいいい。

H1204_013

天ぷらが出てきたと同時期に鍋の用意が

H1204_012

まずはこの昆布だしの鍋で

H1204_014

ふぐしゃぶ!!

H1204_015

さっと軽く湯がく程度で

H1204_016

てっさの状態はもっちりした脂身のような食感でしたが、ふぐしゃぶはこりこりした軟骨のような食感に。もうとまらね。

H1204_017

てっちり

フルコース、どこまでフルコース…

H1204_018

てっちりだと今度は煮魚のような食感に。同じふぐとは思えない変化ぶり、ふぐすげぇー。

H1204_019

嫁と二人で食い散らかしたwの図。何匹分のふぐを食べたでしょうか。

H1204_020

 

そして締めはやはり雑炊。まだ食うか?って気もしますがはいっちゃうんですなぁ、これが。

H1204_021

上品な昆布出汁にふぐの旨味が染みこんで、それをご飯が吸って…最高の雑炊でした。

H1204_022

完食。あっというまに雑炊を食べきりました。

H1204_023

最後はデザートに果物を頂きました。18:30ぐらいから食べ初めて終了は21:00頃、2時間半ひたすら食べ続けました。おそるべしとらふぐフルコース。

どれもこれも美味しかったのですが、あえてベスト3を決めるなら

3位 ふぐしゃぶ いままで味わったことのない食感が印象的でした。

2位 ふぐの天ぷら 天ぷらがこんなに美味しいとは、骨までしゃぶっていただきました。

1位 白子焼き 別世界の食べ物でした。何度でも食べたい。これは美味い。

みなと屋さんのとらふぐフルコースを満喫しました。素晴らしい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行に行ってきましたよ!12月4日は福井県三方中上郡若狭町 民宿「みなと屋」

嫁と旅行に行って来ました。今回の旅行は「冬の味覚を満喫するぜ!」をコンセプトにコースを組んでみました。

最初は冬と言えばカニということでネットでカニを食べれる地域を調べていたのですが、福井県のあわら温泉の情報を調べているとき、冬の福井ははふぐという情報も気になるように…ふぐにするかカニにするか、自分の選択は迷わず両方ともを選択。休みの取り方の関係で移動しやすい富山県よりの宿を検索。

そこで検索の上位にヒットし、富山県寄り、そしてなによりふぐ料理の美味そうな民宿「みなと屋」さんに決めました。

12月4日の2時半に仕事が終わり出発しました。

事故も渋滞もなく、心配した天気も移動に差し支えないレベルでしたが、到着時にはあたりが真っ暗の状態。周りに街頭一つなく車のライトだけが頼りでした。

H1204_000_2

自分のiphoneのカメラではみなと屋さんの明かりを入れないと写真が撮れないくらい真っ暗でした。

みなと屋さんの若女将さんと将来の跡継ぎ?のお子さんたちに暖かくお出迎えしていただきました。自分は民宿は初めてで、嫁も子供の頃両親につれてきてもらっただけで記憶にはあまり残っていないとの事なので、初の民宿体験でした。

若女将さんの「お食事になさいますか?お風呂にいたしますか?」という問いに「もちろん飯で」と答える自分と嫁。

今回はみなと屋さんの数多くあるコースからとらふぐフルコースをチョイス。白子コースと散々迷ったが、白子焼きがついてくるのと焼きふぐが決め手となりとらふぐフルコースに。

お子さんたちからお楽しみチャンスくじで石鹸をプレゼントされたり、若女将さんの丁寧な対応等民宿初体験の嫁と自分には新鮮でした。手造りの石鹸は今の風呂場の石鹸がなくなりしだい使わせていただきます。ありがとうございました。

そしてお目当てのとらふぐフルコースへ

H1204_001

H1204_003_2 H1204_004_2

H1204_005

ふぐ皮湯引き三種とふぐの身たたき。左はしょうゆベースのタレに七味をいれ、そこにふぐ皮湯引き、真ん中はふぐ皮湯引きに卵と大根をあえた一品。右はふぐの身のたたきとふぐ皮、特製の抹茶塩で食べるふぐの身たたきが香ばしくこりこりして癖になる絶品。一人に各一皿でるのでふぐ皮をこれでもか、というくらい堪能しました。

H1204_002

そして、てっさ
                   /ヽ       /ヽ
                  /  ヽ      /  ヽ
                  /     ヽ__/     ヽ
   ┏┓  ┏━━┓     /               \   .┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃    /       \     /   |   .┃  ┃
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━|      >      < |━┓┃  ┃
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃  |.         (__人__)   |  ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━ヽ         \/   / ━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃   /               \   ┏━┓
   ┗┛      ┗┛  /         ̄ ̄ヽ / ̄  ヽ .┗━┛
               .ヽ_______/ \__/

思わずAAで表現したくなるほど、きましたよ、てっさ。

H1204_006

一枚食べてみると甘いくて、歯ごたえがあって美味いとしかいいようがない。このあとはもちろん、嫁と二人であれをやりました、贅沢食い。ざらーっと箸でつまめるだけつまんで一気に食う。贅沢食いしても全然減らない!!最高です。

H1204_007

茶碗蒸し。当然中にふぐの身がはいっていてこれもおいしい。

H1204_008

いろんなふぐを味わっている間に焼きふぐが焼きあがってきました。一つ一つの身が大きく、これでもかって位ふぐが出ます。昼飯を抜いてきた嫁と自分ですが甘く見ていたことを後悔、でも美味しいから食べられます。

H1204_009

嫁はヒレ酒を、最高ですぅ~とほろ酔いかげんで頂いていました。

H1204_010

そして白子焼き。映画「おくりびと」の劇中で食べられているのを見て、おいしそうだ食べてみたいなぁと思っていたものを頂きました。とろとろ、じゅわー、これなに、この世の食べ物なの?うめぇー、至福の瞬間だった…また食いに来ようね、嫁にそう言われるのが当然の美味しさでした。

フルコースを甘く見ていました。まだまだ料理は続きますので、アップはいったんここまでで前半とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »