« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 鮎料理専門店 鮎や~ | トップページ | 11月8日のデートコースを晒してみる »

~富山グルメ紀行 手延・煮込みうどん 田舎~冬の田舎は白子天

久しぶりに「田舎」さんにお邪魔しました。実は間に二回ほど訪れているのですが、いずれも満席で立ち寄れず、やはり人気店ですね~。

H201107_002_2

検索用ワード 白子天 もうすぐおでん モツ煮込みうどん

詳しくは続きから

写真はこの日の盛り合わせです。

左から中トロ、かんぱち、やりいか、甘エビ、ひらめ、シマアジのたたきです。日本海側特に富山ではトロはあまりメジャーではありません。ブリがそれ以上に美味く安いためです。しかし、この日の中トロは大変美味しかった、口の中でとけるとはこういう感じなんでしょうね。

相変わらす「田舎」さんの刺身盛りは見た目もいいです。

H201107_000_2

「田舎」さんではお茶をペットボトルでサービスでもらえますので、自分のようにお酒の飲めない人は大助かりです。

H201107_001

嫁の生中。グラスの冷えた様子が一目でわかります。

H201107_003

あげだし豆腐。「田舎」さんの出汁が効いてて豆腐を口に入れると、じゅわとくる揚げ出しは嫁の大好物。


H201107_004

この日のボードメニューで気になったとりチーズ。こういう居酒屋メニューも充実してますね。

H201107_005

定番の焼きナス。焼きナスは他のお店ではなかなかメニューにはないので、「田舎」さんにくると必ずといっていいほど頼んでしまいます。

H201107_006

そして、「田舎」さんの冬の名物白子天。白子を天麩羅にしたものですが、食べるとあつあつの白子が口の中でとろっと溶け出し、白子の旨味が口の中一杯に広がります。満席のお客さんがほぼすべて頼んでいると言う「田舎」さんの冬の名物です。

H201107_008

あまりの美味さに単品で盛りを頼んでしまった中トロ。脂が乗っているのにしつこくない、いくらでも食べられちゃいますね。

H201107_009

この日はレバ刺しが入荷していないとのことだったので、レバ串とシロ串を。そんじょそこらの店で食うよりはるかにおいしい。レバーとは思えない抜群の焼き具合がレバー好きには最高です。

H201107_010

締めはモツ煮込みうどんで、冬の寒い時期には「田舎」さんの味はこってりだけど、いくらでも飲めるあっさり煮込みがぴったりです。

嫁が生中2杯で、今回は9240円。この値段でこの味とこの量、大満足です。

お店情報

手延・煮込みうどん 田舎

H200718_gi_07


住所       富山市高島66-5

TEL       (076)451-0030

定休日      月曜日

営業時間    AM11:00~PM15:00
          PM17:30~PM23:00

駐車場はお店の前と横ですが、満車の場合はお店の方にお尋ねください。駐車所を案内してくださいます。はっきり言って人気店です。夜は満員で入れな いなんて事もしばしばあります。予約をしていくか、早めに行くかしたほうが無難です。お座敷もあり、団体での宴会も受け付けてくれています。

 






|

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 鮎料理専門店 鮎や~ | トップページ | 11月8日のデートコースを晒してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/25129313

この記事へのトラックバック一覧です: ~富山グルメ紀行 手延・煮込みうどん 田舎~冬の田舎は白子天:

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行 鮎料理専門店 鮎や~ | トップページ | 11月8日のデートコースを晒してみる »