« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行⑧ オムライスとパスタの店 かない~ | トップページ | 7月19日のデートコースをさらしてみた »

ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行⑨ 手延・煮込みうどん 田舎~

「田舎」さんにいってまいりました。昼はうどんや丼物、夜は居酒屋として大繁盛している知る人ぞ知る美味いお店です。

H0718_gi_00

検索用ワード 田舎 モツ煮込みうどん 串焼き 刺身 あなご丼 居酒屋 レバ刺し

詳しいことは続きをぞうぞ

写真はこの日の刺身の盛りあわせです。盛りと頼むとご主人が、人数に合わせてその日のお勧めを出してくださいます。

この日は左から中トロ、バイ、ふくらぎ、あじ、甘えび、たい、カツオのたたきです。その日によって値段が違いますが、大体1000円~1500円です。

いうことありません、美味いです。

H200718_gi_01

レバ刺し一人前1200円。

自分の中で田舎で食べるレバ刺しが一番美味いと思っています。ごま油とジューシーで新鮮なレバーがたまりません。いいものが入らなかったらその日は出さないとのこだわりもわかります。

H200718_gi_02

なす焼き二人前です。この店は時価が多いので値段は後で推測するしかないのですが、どれもこれもリーズナブルです。くし焼きしたナスを水で締めて皮をむき鰹節をこれでもか、というくらい乗せてあります。しょうゆたらしていただくといくらでも食べられます。

H200718_gi_03

鮎焼き1人前です。嫁とそれぞれ頼んでいます。手前の鮎酢に漬けて食べると苦味と酸味がほどよく、これまた絶品です。富山庄川で取れた新鮮な鮎を使っています。


H200718_gi_04

モツ煮込みうどんです。富山にはモツ煮込みうどんの美味い店は数多くあれど、自分が一番にお勧めするのは田舎さんのモツ煮込みうどんです。夏でも汗をかきながらいただくのが最高です。自分の中での最大のポイントは汁の美味さです。最後の一滴までおいしくいただける、濃厚でかつあっさりしている味噌風味の汁ととろけるモツ煮の美味さが格別です。

H200718_gi_05_2

これまた田舎の名物、アナゴ丼です。どんぶりからあふれるほどのアナゴのてんぷらがうりです。外はかりかり、中はしっとりのアナゴがたまりません。モツ煮込みうどんとアナゴ丼を嫁と二人でわけておいしくいただきました。

嫁が中ジョッキを数杯いただき(数えてなかった)、自分はサービスの冷たいお茶(冷たいお茶は最初に2Lのペットボトルで渡され、好きなだけ飲めます)を飲んで、2人で8370円でした。

この日は頼みませんでしたが、馬刺し、串焼き各種もお勧めです。

ちなみに富山県小矢部市石動駅の近くにある田舎はお父さんのお店だそうです。

お店情報

手延・煮込みうどん 田舎

H200718_gi_07


住所       富山市高島66-5

TEL       (076)451-0030

定休日      月曜日

営業時間    AM11:00~PM15:00
          PM17:30~PM23:00

駐車場はお店の前と横ですが、満車の場合はお店の方にお尋ねください。駐車所を案内してくださいます。はっきり言って人気店です。夜は満員で入れないなんて事もしばしばあります。予約をしていくか、早めに行くかしたほうが無難です。お座敷もあり、団体での宴会も受け付けてくれています。

    

|

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行⑧ オムライスとパスタの店 かない~ | トップページ | 7月19日のデートコースをさらしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/22396569

この記事へのトラックバック一覧です: ブログといえばグルメでしょう~富山グルメ紀行⑨ 手延・煮込みうどん 田舎~:

« ブログといえばグルメでしょう ~富山グルメ紀行⑧ オムライスとパスタの店 かない~ | トップページ | 7月19日のデートコースをさらしてみた »